トランプ

4種類のマーク×13枚+ジョーカーの計53枚を1セットとするゲーム用カードセットのことを、日本では「トランプ」と呼んでいますが、英語では「Playing card」といいます。

そんな「トランプ」という名前をテレビなどで聞かない日はないという昨今。
もちろん「Playing card」という意味での「トランプ」ではなく、現地時間の今日2017年1月20日(日本時間では1月21日)にアメリカ合衆国第45代大統領に就任した 「ドナルド・トランプ」 (Donald John Trump)氏のこと。

選挙戦の中でも強硬な考え方の発言ばかりでなく、時として差別など忌避的な言動までもが多くの人々から非難されたりするなどしながらも、結果的には多数の人々の支持を得て大統領に就任することになったトランプ氏。
選挙戦の後も過激な発言がつぎつぎと繰り出され、アメリカ国内ばかりでなく世界中が、政治家ばかりでなく経済界までもが早くも巻き込まれて対策を講じる政策変更に迫られ、著名人や芸術家、芸能人たちは反対意見を公表したり、抵抗活動に及んだりしています。

まあ、そういった反対行動ばかりが報道されている感じがしないわけでもありませんが、少なくともアメリカではドナルド・トランプ氏は多くの支持を得て大統領になったのです。
アメリカ合衆国の民意はトランプ氏支持であり、今のアメリカというのはそういう国なのです。

トランプには、スートと呼ばれるスペード、ハート、ダイヤ、クラブの4種類のマークがあり、それぞれ13枚ずつの主に数字の書かれたカードがあります。
スートはそれぞれ貴族や僧侶、商人、農民を表し、13枚のカードには王様や女王、王子 も含めたさまざまな人々を表しているのだそうです。
4種類のマーク×13枚で、いわば調和の取れたひとつの国、あるいは世界を成していると考えるのかもしれません。
しかしそこに一枚のジョーカーが加わらなければ、それはトランプがカードゲームとして成り立ちません。ジョーカーが入ってこそのトランプ(Playing card)です。

1989年に公開されたアメリカ映画 『バットマン』 で、ジャック・ニコルソンが演じたのがゴッサム・シティの裏社会を牛耳るマフィアから殺人鬼に変貌した “ジョーカー”。
堂々とした体格や立ち居振る舞い、風貌などから、なんとなくボクはトランプ氏にはこの怪人 “ジョーカー” のイメージが重なります。

英語では「Playing card」と呼ばれ、「Trump」とは言わない「トランプ」。
ケンブリッジの辞書によれば、「trump」という単語は “切り札” という意味なのだそうです。
4種類×13枚にジョーカーを1枚加えて「53」枚。
「53」は素数なのだそうです。素数、つまり割り切れない数字。
割り切れない国、この世界にあって、“切り札” となるのか? ドナルド・トランプ氏。
面白くなりそうです。
ゲームは、楽しまなくちゃ。

トランプ


ダウンライト

電球が切れて以来、メインで使うわけではないからとずっと電球を交換せずに抜け殻のままにしていたダイニングのダウンライト。
使うか使わないかは別にして、ちゃんとしなきゃと思って、久しぶりに電球を入れてみました。

冬至まで間近の一年間で最も夜の長いこの時期。
スイッチを入れると明かりが灯るのが、やっぱり好い -

ダウンライト


52

今日、生まれて初めて 52歳 になりました。
52

「52」
一年間は 52週間。
グランドピアノの白鍵の数は 52鍵。
ジョーカーを除くトランプの枚数は 52枚。
仏教における修行や悟りの階位は 52段階。

…なんだか実にキチンと整った印象の強い 52 という数字。
孔子が迷うことがなくなったという “不惑” の年齢四十歳から十二年も経ったのですから、もはや揺るぎのない人格者となっている、…なんて言われているような気がして、なんとも居心地の悪さを感じますね。
ボク自身は、相変わらず全く落ち着きがなく、いっつもふらふらしているのですから。
どっしり誰もが認める人格者になる日など、果たして、やって来ますことやらどうやら…。

そんな 52 にまつわる話。
「52ヘルツのクジラ」という言葉を聞いたことがありますか?
ほとんどのクジラが10~40ヘルツの周波数で鳴くのだそうですが、それより遥かに高い周波数 “52ヘルツ” で鳴くクジラが存在するとのこと。
その鳴き声の音声が記録されただけで、その声を発している個体が今のところ特定されていないことから、ひとまず「52ヘルツのクジラ」と名付けられているのだそうです。
複数年にわたって記録はされているのでそのクジラは健やかに成長はしているようなのですが、種の特定、つまりいったいどのクジラが52ヘルツの声の持ち主なのかということが特定できるには至っていないというのが現状なのだそうです。
鳴き声の周波数が全く異なるので他のクジラとはコミュニケーションが取れない模様。
つまり、声を発しても誰にも聞き入れてもらえない境遇のクジラ。
そんなところから “世界で最も孤独なクジラ” とも呼ばれているのだそうです。

他のクジラとの動きなどとは関連が見られないようで、群れから離れて一頭だけで暮らしているのかどうなのか。
それを “孤独” と考えるのか、あるいは “自由” と捉えるのか -

鍵盤やらカードやら、はたまた悟りの境地に至る菩薩五十二位やら、なんだかキッチリ揃った印象の強い 52 という数字に対して、「52ヘルツのクジラ」は孤独な印象はあるものの“自由” と捉えればロマンに満ちた話だと思えませんか?

52 の音読を ひらがな で表すと「ごじゆうに」。
「52ヘルツのクジラ」よろしく、この一年はこれで行こう!
今日からの一年間、52歳 を楽しみたいと思います。

今どきの “敬老” 考

敬老の日ですが、古いものを大切にしましょうという話ではありません。
今や日本は少子高齢化社会。
子供が増えずに老人ばかりが増えるという世の中で、60歳や65歳で仕事を辞めさせられて収入もないというのに、彼らを追い出した企業は誰から収入を得ようというのでしょうか。
今の日本は、人類史上未だかつて経験をしたことのないほどの寿命に対してなにか勘違いをしていませんか?
今の日本人たちには、戦場に行くという使命は全くなく、その中で少なくともサラリーマンたちは、ただひたすらに経済で日本を強国にするために生まれ育てられ戦ってきました。
いわばひとつの “工業製品”。
意欲があるのならば、働ける間は働けばいいんじゃないでしょうか?
意欲はあるのですから、働ける間は働かせてくれればいいんじゃないでしょうか?

京都鉄道博物館のD51形蒸気機関車200号機


1936年に1号機が造られたD51形蒸気機関車は、一度の完全引退を経験したものの、今現在、修復されてJR東日本の本線上で活躍する機関車(498号機:1940年製)がいますし、JR西日本の京都鉄道博物館のSL検修庫では200号機(1938年製)が、本線復帰を目指して大規模修繕と改造の工事を受けているところです。
来年になれば、東日本と西日本に1機ずつのD51形蒸気機関車が 『動態保存』 されるということになります。

今の日本は、誰もが働くべき世の中。
“敬老” という意味自体も変わって、『動態保存』 こそが今どきの “敬老” だと、ボクは秘かに思っているのですが、いかがでしょう。

高梨沙羅選手

高梨沙羅選手


街なかで立ち寄ったセブンイレブンに張られていたポスター広告。
高梨沙羅選手の顔が好きです。横顔も好い。

ちょうど今、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロでオリンピックが開催中。
連日テレビでは日本選手の敢闘ぶりが映しだれています。

高梨選手の出番はいつかなぁ
…なんてふと考えたのですが、あれ!? スキー・ジャンプの選手でしょ!

最近、気を抜いている時のボケっぷりがひどい。ひどすぎます。

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: