ipod nano

ipod 最近、常に手放せないのが、ipod nano

ずいぶん前から「欲しい欲しい」と言っていたものを、6月にようやくGet。
それ以来、どこに行くにもこれで音楽を聴きながらという生活です。
9月に第4世代にモデルチェンジがされて、3ヶ月目にして早くも“型落ち”ですが、気になりません。
ボクはこれで音楽が聴ければいいのです。

パッケージに同梱されていたイヤフォンは他のイヤフォン同様、ボクの耳には合わずに、音楽を聴かせてくれる前に耳からぽろりと落ちてしまうので、ヘッドフォンはパナソニックの耳かけ式を別途購入。
高音ばかりが聞こえる小さなスピーカーは嫌だったので、少しばかり形の大きいものにしたのですが、そんな大きなスピーカーの裏に描かれていたブランドロゴマーク、夏にかいた汗のせいでもうとっくに消え去って、ノーブランド品になってしまいました。

過去のMP3プレイヤー 思えば、最初はメーカー名も書かれていない256MBのMP3プレイヤーを3,000円ほどでオークションで落札。(画像左)
小さかったけれど単4電池が電源のため、電池切れは早かったし、メーカー名も書かれていないモノでバッタもの臭さ満点です。
その次は、OZZIO MUSICAα5(画像右)という、5GBはあってもこれまた“なんちゃって”感の強いMP3プレイヤーを愛用。
元祖カセットテープのウォークマンからCDウォークマンまでを愛用してきた世代としては、その小ささや軽さ、音飛びのなさには相当驚かされたものの、過去の2台はカミさんに言わせれば、「安物買いの銭失い」。
どちらも操作感に慣れる前に意外と早く故障してしまい、結局は音楽を聴きながら街を行く生活は長くは続いていなかったのです。
幸いにも、4GBのipod nanoは確固たるブランド価値を得ていたようで、カミさんから「安物買いの~」のリストには入れられずに今に至っています。

カーオーディオ 通勤の行き帰りだけでなく、スポーツクラブでランニングマシンを使う時も、マシンから出るピンジャックを挿し込んで音楽を聴きながら走っています。
クルマを運転する時は、CDウォークマン時代に買ったカセット式アダプターが復活。
データをFM電波に乗せて飛ばす今どきのFMトランスミッターではありませんが、これで充分。
そもそもCDがクルマに装備されているというだけで喜んでいて、そこに6連奏カートリッジがおごられているだけでもう充分だったわけですから。

ちゃちなスピーカー 室内で作業をする時にはイヤフォンからではなく、スピーカーから流したいですよね。
-そんな時には、これもCDウォークマン時代に買った外付けスピーカー。
これも久しぶりに引っ張り出してきましたが、いざipodにつないで聞き始めて思い出しました。
-これは使えない! 実に使えない。
音が小さい上に、ボリュームを大きくしても高音のシャカシャカした音しか聞こえないのです。
-そう、ふだんのイヤフォンを耳にかけずに最大音量で聞いているのと同じ。
聞けば聞くほど悲しくなるので、いつの日か外付けの“ちゃんとした”スピーカーを買おうと思っています。

iPod Radio Remote 最後に、もうひとつだけアクセサリーの情報。
ipodでFMラジオを聴こうと思って、本体と同時に買ったiPod Radio Remote
本体につないで有線でFMラジオも聴くことのできるリモコンですが、これもビミョーな印象。以前、1万円ぐらいする本格的携帯ラジオを愛用していたので、その高性能を何気なく求めてしまっているからでしょう。
屋外での使用はまだしも、電車に乗り込んだ瞬間から怪しくなってしまう受信事情には閉口。
残念ながら、今は休眠しています。

まだまだ使い始めたばかりの状況。
これからもっともっと ipod の良さを知って、深いつきあいをしていきたいと思っています。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: