どなたか、カミさんをみましたか?

FI2620062_1E.jpgうちのカミさんがね…
先日、とある雑誌のバックナンバーをめくっていたら、海外のこんな広告の紹介が出ていました。
Anybody seen inspector Colombo's wife ?
(どなたか、コロンボ警部の奥様をみましたか?)


1970年代に日本でも放映されたアメリカのテレビドラマシリーズ、『刑事コロンボ』。
ご覧になったことのない方にはよくわからない広告でしょうけれど、ファンの方には納得の内容です。
ロサンゼルス市警察殺人課のコロンボ警部補を主人公にしたドラマで、よれよれのコートに安っぽい葉巻を咥えた、さえない風貌のコロンボが殺人事件を捜査して、容疑者であるビバリーヒルズに邸宅を構えるような大物たちの鼻をあかす-まあ、そんなようなストーリーの刑事ドラマでした。
観客には先に犯行シーンを見せておいて、それをいかにコロンボが解いていくのかが見どころのシリーズで、アクションは一切なく、チビた葉巻を咥えながら登場するコロンボの、執拗な操作と推理がこの作品の大きな魅力でした。

そんなコロンボ警部が、容疑者と交わす会話の中によく登場したのが、「カミさん」と呼ぶ奥様。時にセレブの容疑者をテレビでよく見ていてファンであるとか、食材や家事のやり方を訊いたとか、とにかく「カミさん」がよく会話に登場するのです。
しかし、実際に画面に登場することはなく…。

よって、この広告が成立するわけです。
「どなたか、コロンボ警部の奥様をみましたか?」
そして下の方に小さくひと言。
passive smoking kills (受動喫煙が殺す)

スロバキアの「ガンと闘うNPO」の広告だそうで、ものすごい説得力があります。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: