「冷え知らず」さんの生姜チャイ

記事にタイトルをつけるのがあまり得意ではありません。
だから、毎回けっこう苦労をしているのですが、それでもなんだかしっくり来ないタイトルが多いのが悩みです。
タイトルだけでは何の話だかわからないこと、多いですよね、ボクのBlog。
まあ、今日のこのタイトルも、そんなつかみきれないタイトルのひとつに思われるかもしれませんが…。
今日は違うんです。

永谷園 「冷え知らず」さんの生姜チャイ 「冷え知らず」さんの生姜チャイ

これは永谷園で出している、ジンジャーミルクティーの製品名です。ウソだと思うなら、ほら

コンビニのホットドリンク売り場で見かけて買ってみたわけですが、朝の忙しいコンビニのこと、入口すぐのレジ台の上にホットドリンクの棚が置いてあるので、頻繁に開閉される入口ドアからは常に冷たい外気が入ってきます。
そんなわけで、この生姜チャイも、実は“ひと肌”ぐらいの生ぬるさでした。
…あの店で、ホットドリンクを買うのはやめよう、うん。

フタには、振らずにゆっくりあけてほしいと書かれています。
まあ、基本は紅茶だから、飲む前に振ったりはしませんよね。
で、フタをひねると、プシュッ!
炭酸飲料のフタを開けたときのような音がしました。

次の瞬間、生姜だけでなく、シナモンやカルダモンなどの芳香が漂ってきました。
お~、チャイ。-改めて、そう思えるほど、好い香りがします。
そんな香りを楽しむために、口の広いボトル缶を採用したのでしょう。
その成果はみごとです。単なるミルクティーではなく、まだら模様にスパイスが混ざるお茶の様子を眺めることもできます。

これは最初の一口がうれしい飲み物でした。
チャイも、風邪を引いたときにカミさんが作ってくれる生姜湯も、そういえば、最初の一口が「あー、温かい」と、一番うれしく感じられるわけですから、そのふたつをブレンドした飲み物のこと、最初の一口が全てでしょう。
風邪の時に効きそうです。
惜しむらくは、ぬる燗だったこと。喜びが半減でした。
今度は、きっちり熱い缶を買って、飲んでみたいと思います。

ところで、永谷園には生姜部っていうのがあるんですね。
部員自らが登場するサイトがあって、まじめに楽しむ姿が垣間見られます。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: