スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ごうどいち」 を見に行く

東海道保土ヶ谷宿 「ごうどいち」

地元のネット媒体で “べらぼうに美味い” と評された珈琲とさつま揚げをはさんだ 「開港バーガー」 などマスターのアイディアが満載の不思議なカフェ「立寄処 道中」が、毎月第一日曜日の午前中に東海道・保土ヶ谷宿で開催されている「ごうどいち」に初めて出るというので、見物しに立ち寄ってみました。

東海道保土ヶ谷宿 「ごうどいち」

「保土ヶ谷宿(程ヶ谷宿)」は東海道五十三次の四番目の宿場町。
「ごうどいち」は、その宿場町を構成する町のひとつ「神戸町(ごうどちょう)」で開催されている市のこと。
漢字で書くと「神戸市」(こうべし?)になってしまうので平仮名表記なのだそうです。(笑

東海道保土ヶ谷宿 「ごうどいち」

東海道保土ヶ谷宿 「ごうどいち」

旧東海道に並ぶ商店街の一角の空間に、地元保土ケ谷区を中心に地産地消の新鮮な野菜などの出店が十軒ほど。
むかしの保土ヶ谷の写真なども並べられて、地元の今むかしの両方を紹介して興味を持ってもらおうという意図も充分に感じられました。

東海道保土ヶ谷宿

武蔵国の外れの宿場町。
今でこそJR横浜駅の次の駅という印象ですが、東海道ではこの宿場を発つといよいよ隣の国に入るという旅立ちの街。
電車で何度も通ったことはありましたが初めて降り立った保土ヶ谷の街に、マスターのおかげでちょっとだけ触れることができたひとときでした。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。