スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しきび

母方の祖父母の墓参
お寺近くのマーケットで花を買って、境内で線香に火を点けてもらう
その時、お寺の三和土の壁に「お水+しきび」と書かれていたので
お寺の女性に「“しきび” って何ですか?」と訊いてみた
すると「あの緑の葉っぱですよ」とのこと
「え? あれってお榊と言うんじゃないんですか?」
「はい、お榊は神社で使われているもので、葉っぱの形も違います」

手桶 に しきび

人生50年も生きていて小学校に入る前から墓参の習慣はあったのに、
「しきび」を「榊」と認識して生きてきていた…
「しきび」は「しきみ」とも呼ばれていて、日本の仏教特有のもの
その木は空気がきれいでないとすぐに傷んでしまうらしいが、
毒性が強く食すると死に至ることもあるという
「毒を以て毒を制す」ならぬ、「毒を以て災厄を制す」
そういう意味があるらしい
…勉強になる

ちなみにこの写真 (↓)、奥の花といっしょの葉っぱが「しきび」で
手前の葉っぱは、なにも知らずに買ってきた「榊」

その次の写真が「しきび」の木

しきび と さかき

しきび の木


今日はじめて気づいたこと-
お墓の真正面に、東京スカイツリーが見える
お寺の境内とその向こうの東京スカイツリー


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 日の光さま

日の光さん、ごぶさたしております。
お墓参りは、済ませるととにかく気分が落ち着きますよね
“こうのはな” は “香の花” などと書くのでしょう。
神事や仏事に使用される木などには、独特の薫りを放つものが少なくないような印象ですから、しきび・しきみと香の花は同じものだと思います。
自分がどこに納められるのかというのは、確かに知っておかなければならない問題ですよね。
決まっているのかいないのか、決まっているならばどこなのか。
桜の木を買うという習慣もあるのですか?
そういう行動ひとつで考えていることを表しておくというのも、好いことなのかもしれませんね。

No title

お久しぶりですIZさん。
おじゃまします。
新緑の季節ですね。お墓参り心洗われますネ。
しきびって私の田舎ではよく、こうのはななんて呼んでますが
それとは違うのかな?年老いた母を連れ月のお参りに行きますが、
やっぱり大事ですよね、、目には見えないけれど、、。
時々思うことがあります、自分はどこに眠るのか、、桜の木ひとつ
購入すべきかななどと(笑)世界一親不孝な私の墓参りは懺悔と感謝ただそれのみで、まぁこんな人生も許されてありかなと(笑)
スカイツリーが正面に見える場所とはまた何て粋でしょう!!

Re: 焼酎学生さま

山奥に徒歩1時間というのは、すごいですね。
向かう道中でお供え物を採取するというのが好いと思います。
気持ちが入りますからね。

昨日行ったお寺は、錦糸町駅か東京スカイツリーのある押上駅から徒歩15分ほど。
都内下町なので、道端にある植物を採取するとむしろ揉め事になります。(笑

しきびが正しく、榊は神社と聞きましたが、榊でも失礼には当たらないだろいと、榊もいっしょにお供えしてきました。
ちょっと訊いてみたところ、しきびを知らなかったという方、意外と多かったですね。

No title

わが家の墓は伊勢の山奥(名松線・比津駅から歩行1時間)の寺にあり、供え物はすべて墓地近辺で採集するものです。
シキビかサカキかは、ボクもあいまいです。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。