スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野東京ラインに追い越される

仕事で蒲田から上野までJR京浜東北線に乗る。
大森から大井町に向かう間に、東海道線の電車に追い越される。
そうか、川崎からならば上野東京ラインの開業で上野まで乗れたんだなぁ。

京浜東北線車内から見た上野東京ラインに向かう電車

品川駅で京浜東北線車内から見た上野東京ラインに向かう電車

並走していても、乗換駅で向こうのホームに停まられちゃ、乗り換えなんてできない。
京阪神間のJR線や御茶ノ水駅のように、扉が開いたら向かいの電車へ、っていう乗り移りができなければ、意味がない。

乗っている人が乗り換えないで済むようになっただけの、上野東京ライン。
先輩格の湘南新宿ラインも、さらに先輩格の総武快速線や中央快速線も、東海道線と横須賀線も、並走する通勤電車から見えている電車に乗り移ることは、ほぼムリ。
50年以上も前からずっと不便なまま。
既存の路線を改良するのはむずかしいからという理屈はわかるけど、何百億円もかけて先月開業したばかりの路線でも同じ轍を踏み続ける道理はわからない。

日本の鉄道が開業してから140余年、この点は不便なままでほとんど進歩がない。
「鉄道」は“金”を“失”う“道”と書くけれど、乗客にとっては相変わらず、“時”を“失”う“道”でもある。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

レスが遅くなってしまいました。

複線の線路があってそれぞれの線路に別々のプラットフォームがあるというだけでも、ふだん頻繁に使っているわけではない人々は、「◯◯方面は左のホームだな」などと確かめなければならないのです。
そういう乗客の心理を考えた上で、駅や線路は設計されるべきです。

鉄道ではありませんが、先ごろ開通した首都高速中央環状線 山手トンネルは、地上の一般道路(山手通り)との間でクルマが自然に流れやすくなるように、右側通行のレイアウトにしたのだそうですが、お金をかけて造り上げる道路や鉄道などにはそういった発想が絶対に必要だとボクは確信しています。

Re: Yuusuke320さま

レスが遅くなってしまいました。

慣れないと不便というのは、考えてみればおかしなことだと思います。
毎日乗っている人々とその時に初めて利用している人々の割合というのはどういうものなのでしょう。
仮に半数ずつだったとして、乗客の半分が不便と感じるのは、どう考えても不出来としか思えません。

まあ、いわゆる “費用対効果” を考えてみて、ぐっと費用を抑えることを主眼として線路は造られるので、致し方ないとは思うのですが…。

No title

ボクのように不慣れな人たちは、都心での電車乗り替えで困ることが大有りだと思います。
大船駅での同方向乗り換えがおっしゃる通りで、何度か失敗しているボクです。
地下鉄での別方向乗り替えも不便な駅が多いです。
外人観光客が増えましたが、彼らはボク以上に困っているでしょうね。

確かに。

JRの番線の多さと互換性の採れないダイヤ編成で仕方ないのかも知れませんが使い慣れてないと不便ですね。
先日、吉祥寺から国立へ行くのに特快や快速どれに乗ればいいんだい? ホームに上がる前の通路に停車路線図があると便利なのですが・・・
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。