煮詰まる緑塊

毎日ひとつずつ、ピンポン球大の緑色の塊が残る-

毎朝、500mlほどの量のお茶をポットに入れて仕事に出ます。
そうすると必ず、急須の中の茶こしに、ピンポン球ぐらいの茶殻が残るのです。
そして毎日なんとなく、「これ、もったいないなあ」と思っていたのです。
でも、もう一回お湯を入れてお茶を出す意味もなく、致し方なく結局捨てていたのが、昨日まで。

そして今日、ちょっとした実験をしてみました。
小鍋(ミルクパン)に入れて水と砂糖に、だし汁(白だし)を少々。
そして水が飛ぶまで煮詰めます。

茶殻を煮詰める

他の料理を作りながらの片手間に、ときどき木べらでいじってやりながら20分ほど。
水分がなくなったような気がしたら、完成です。

緑茶の佃煮

お茶の葉の佃煮。
…おっ、意外とおいしい!

次回は、もうちょっとだけ甘めにしてみましょう。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

ありがとうございます。
しかし、ボクはそれほど器用ではありませんし、これしきのこと、器用でなくともできると思います。

奥様のお誕生日に、ふだんは隠されている料理の腕を見せる。
なんとも格好いいですね。
見習いたいと思います。
誕生日に、出がらしの佃煮っていうのもなんですが…。(笑

Re: iinaさま

お茶はビタミンCが豊富な上に、タンニンに含まれるカテキン類に抗酸化作用や抗菌作用があって良いそうですね。
健康のために緑茶。
むかし、「朝茶は難逃れ」という言葉を聞いたことがあります。

湘南のモンサンミッシェル、ボクも見てみたいと思っています。

No title

相変わらず器用ぶりを発揮されていますね。結構、結構!
ボクも料理が嫌いではなく、身内が集まったときなど、ごくたまに力量(?)を発揮しています。↓
http://blog.goo.ne.jp/kaichi70/m/20110417

マリモのよう

お茶の緑塊は、マリモのようです。

お茶の葉を使っての佃煮は、薬にもなりそうですね。
でも、お茶の出し殻はタンニンが害にならぬのでしょうか?
タンニンなどの殺菌作用でインフルエンザや風邪を防ぐことができるらしいです?

干潮時に江の島に砂洲を歩いて渡れるとは、地元の方も知らぬ気でした。お土産屋に尋ねたら渡れぬといわれました。


最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: