スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恵方巻に巻かれる

今日2月3日は、節分。
子どもの頃は外に向かって豆を投げる日だったけれど、そんな習慣を忘れているうちに、いつの間にか太巻きを食べる日になっていました。

俗に “二八(にっぱち)”と呼ばれる、景気の悪く商売上がったりと言われる時期に突入した商業施設は、ヴァレンタインデーだけではパンチが足りないのか、最近は “恵方巻” にも並々ならぬ力を注ぎ込んでいます。

「恵方巻」という名前をつけて、節分に太巻き寿司を食べる関西の習慣を関東に持ち込んできたと言われるコンビニが、店頭にワゴンを出して売り出しているのを目にしたら、「…ならば、せっかくなのでデパ地下で」と、仕事帰りに百貨店の地下食品売り場に寄ってみました。

ありますねぇ、いろいろな恵方巻。
惣菜屋に、弁当屋に、え? とんかつ屋の恵方巻?
寿司屋に、中華惣菜屋に、あれ!? スイーツのお店には恵方ロールだって?
皆さん、いろいろ考えるなぁと感心する反面、正直なところ、やや呆れる…。

あれこれ考えて、ボクは おこわ のお店の恵方巻にしてみました。
「お箸、お付けしますか?」と、店員さん。
「…かぶりつくんですよね?」と、ぼそっと言ってみたら
「あ!」 店員さんが固まりました。

恵方巻


今年の恵方は「西南西」だそうで。
ひとり黙々と、わりと短時間で完食。
かんぴょうと穴子がなかなか好かったけれど、やはり一番はお米でした。
うるち米の力強さが、やっぱり一番美味しいと感じました。
選んで好かった、おこわのお店の恵方巻。

これで今年の冬が終わりました。明日からは 春 です。
…って、いきなり何かが変わるものでもないですが、恵方巻と福豆の捌けた特売コーナーのワゴンには早くも ひなあられ が積み上げられていましたっけ。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

立春の今日も、結局寒かったですね。
「恵方巻」という名前は、セブン-イレブンがつけたらしいですね。
「丸かぶり寿司」などというのがもともとの名前だったようですが、なんでも、太巻きを男性のシンボルに見立ててそれを女性に食べさせるというセクハラそのものの遊びが起源という説もあるようです。
福豆と違って、なんとも胡散臭さが漂いますね。

No title

「恵方巻き」
その言葉も商品も習慣も、昔の大阪には無かったです。
大阪人のボクも詳しいことは、Wikipediaで調べて知りました。
1998年ごろにコンビニが、そう名付けて広め始めたそうです。
わが家の手作り恵方巻きは、具がにぎやかで絶品でした。豆まきもしましたよ。数え82才のボクは10粒、70歳台の妻は7+?粒を食べていました。
きょうはもう立春ですね。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。