スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「…がりの女」

朝の通勤電車も、都心に真っすぐ向かう路線でなければ吊革を持ちながら少しは余裕をもって新聞を読むことだってできる。
隣の吊革のおじさんは、器用に縦長に折りこんだ新聞を読んでいる。
厚手のジャンパーにノーネクタイのおじさんは、朝から官能文学。
隣の私は、それじゃあ覗き込み様もないと、裏に来ているページに何気なく目をやる。

電車の中で隣合わせになった人の読んでいるものというのは、なんだか気になるもので、ついつい目が行ってしまう。
乗り出してしまいそうになるほど見てしまうのは、やはり雑誌で、特に情報誌。
新しいお店、新しいクルマ、新しい情報機器。
写真を眺めてからその写真に添えられたコラムやキャプションを読んでしまうのだけれど、時々せっかくいいところまで読んだのにページをめくられてしまうことがある。
そんな時は、思わず「あ、まだ読んでない!」と言いそうになる。
コラムのオチが気になったり、中途半端に写真だけ見てしまって 「え!? 今の何、今の何?」 と後を引いてしまったりすると、もうこれはちょっと中毒症状にでもなったような感じである。

さて、一番最初に出てきた隣の吊革で官能小説を読むおじさんの新聞。
私の見た裏面にさせられているページは、どうやらテレクラの3行広告で埋められたページのようだった。
そして私の目にふととまってしまった一文。
それは、改行した後の2行目から唐突にはじまるひとことだった。
「がりの女/…」
もちろんこの「…」には金銭や時間的な情報などが続いているのだが、この最初の太字で書かれた「がりの女」という部分がとにかく私の頭の中に充満してしまったのである。

「…がりの女」?
縦折りにされて向こう側を向いているはずの、この「…」部分には一体どういう言葉があるのだろう。
ふとそう思ったら、いっぺんに頭の中がいっぱいになってしまった。
「“寂し”がりの女」、「“悲し”がりの女」。両方とも本当は「の女」ではなくて、「な女」でなければ、文法的にはいけないはずである。
でもテレクラで誰かを求めているならば、寂しがりの女でも悲しがりの女でも雰囲気はわかる。
「“なに”がりの女」なんだろう。皆さんはどう考えますか?

この甘ったれた世の中で結構いけそうなのは、「“強”がりの女」。
弱さをちょっと見せることで母性本能をくすぐるタイプなのかも知れない。
「“くやし”がりの女」はS系。「もぉ、くやしいったらありゃしない!」とがんばる人。
一方で、「“痛”がりの女」はM系。
「“した”がりの女」とか「“やりた”がりの女」なんていうのも考えられる。
「“甘えた”がりの女」なんて、けっこう、めろめろになる男、多そう。
…まさか、「“がり”の女」はそのまんまで、実は鮨好き?
冗談はさておき、このくらいまで考え込んでしまうと、もう答えを知りたくてしかたがなくなる。
いったい「“なに”がりの女」なんだぁ!?
痩せ細った「“がりがり”の女」まで考えた時だった。
おじさんがページをくるりとめくって、その一瞬に、わずかに右側に隠れた一行を読むことができた。
…『昼下がりの女』。

なるほど、いい雰囲気かもしれない。
携帯電話でのメールや情報収集で時間の有効利用を計るのもいいけれど、こんな風に頭を使うこともまだまだ電車の中にはあるものなんだ。
そう思った朝のひとときだった。
まあ、携帯電話もマナーを守らなくてはいけないけれど、他人の覗き見もマナーとしてはあまりいいこととはいえないから、気をつけましょう。

-*-*-*-

ブログという仕組みができる前の2001年1月27日、つまり14年前の今日、ボクが知り合いの方々に向けて送ったメールマガジンみたいなものに書いた文章です。
これまで、過去の記事を再掲したことはなかったのですが、試しに載せてみました。
たまにはこういう企画もいいと思っています。
ご意見をコメントにいただければと思います。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

最近は、電車の中で新聞を読んでいる人を見かけなくなりましたね。
皆さん、新聞はスマホで読んでいるようです。
スマホは、新聞とゲームに、LineやFacebookが多いようですね。

吊革につかまる人が減ったのと、電車を降りた人の歩くスピードが遅くなったのが、スマホの登場後にボクが感じている変化です。

No title

思い出の一文。各所で笑いながら読みました。
「縦折りの新聞」は、ボクが会社勤めしていた、30年前までのころは、通勤電車内で全員が、という当然の風景でした。
今、それに代わるのは、ところ構わずのスマホ風景ですが、ゲームなどで遊んでいる人が多いのでは?
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。