今年も一年、お世話になりました!

晦日の午後は、山里の小道を歩きました。
関西・大阪平野の西端。
平地から六甲山の起伏に向けて立ち上がる辺りにある公園を散歩。

森林公園の小道


寒空の下、木々の葉はすっかり落ちて、その落ち葉の上を歩を進めます。
静かな佇まいの中、時折かさかさという乾いた足音が響きます。

幹で寒風に吹かれた葉っぱは、人知れずふわっと地面に落ちて、ただじっと積もっていく。
もうすっかり水分がなくなってなにも残っていないような一枚の葉っぱですが、いつの日か堆肥として役に立つ日が来る。

一年一日一時は、一枚の葉っぱのようなもの。
無為に過ぎたのか、少しは有意義に過ぎたのか、とにかく過ぎ去った時間もまた、ゆっくりとどこかに積もっていくようなイメージがありますが、それらもまたいつの日か堆肥となって役立つときが来てほしいものですね。
それが決して、自分のためでなくとも。
誰かのためであれば好いと思います。

これが本年最後の記事になりそうです。
今年も一年、ご愛読ありがとうございました。
皆さま、どうか良い年をお迎えくださいますように。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:yuusuke320さま

明けましておめでとうございます。
黙っていても、何もしなくても、誰にも新年はやってくるものです。
何の働きかけをしなくてもいただけてしまう新しい年。
せっかくなのですから、去年と同じ一年にするのはもったいない。
新しい何かに挑戦してみませんか?
今年もよろしくお願いします。

Re: 焼酎学生さま

明けましておめでとうございます。
ネット環境があまり望ましい状態ではないので、正月の記事は自宅に戻ってからにしようと思っていますが、なかなか好い正月を過ごしています。
さい先の良い出だしが、素敵な一年を創り出す。
一年の計は元旦にあり。
今年も素晴らしい一年にいたしましょう!

No title

「いづくにもあれ、暫(しば)し旅立ちたるこそ、目さむる心地すれ」
ボクの愛読書、ご存じ「徒然草」の一節です。

良い年越しのようですね。来年もどうぞ宜しくお願いします。

こんばんわ。

「一枚の葉っぱのようなもの」・・・響きますねー
オイラは「いきたい」と書けど、「ただじっと積もっていく」発想が浮かびません。
来年も「よろしく」と書き残しておこう。

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: