映画 『ベイマックス』


 かけがえのない大切な人を失った時、ぽっかりと胸にあいた穴はどう治せばよいのだろうか。最愛の兄を失い心に深い傷を負った14歳のヒロの前に現れたのは、何があっても彼を守ろうとする一途な<ケア・ロボット>ベイマックスだった。
 日本とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市サンフランソウキョウを舞台に、壮大なスケールで描かれる二人の絆の物語は問いかける―「優しさで世界を救えるか?」と。素晴らしい奇跡が起こるその瞬間を、ぜひ大切な人と一緒に・・・。
 ディズニー史上いまだかつてない優しすぎるロボットと少年ヒロの絆を描いた感動のアドベンチャー『ベイマックス』が、日本中を限りない優しさと感動で包み込む。



映画 『ベイマックス』

子どもたちに夢と希望と勇気を与えるのがディズニー映画。
見終わって思い返してみると、物語そのものは意外なほどに単純明快な展開で奇を衒ったようなどんでん返しや衝撃はありませんでした。
それでも充分にわくわくできて最高に楽しめたのは、やはりディズニー映画だからということなのでしょうか。

原案はディズニーが買収したマーベル社のコミックの中で、さほど人気が出なかったために過去のものとして埋もれていた作品なのだそうです。
それを引っ張りだしてきて、ディズニー・アニメに合う内容に脚本を変更して作られた作品がこの 『ベイマックス』。

日本での上映を前にした広告活動では、数年前にヒットした日本のバラードを使用して、感動作であるように仕立てあげていますが、実際に作品を見てみると、感動を呼ぶシーンに至るまでの筋立ては、ほとんどがコミックアクションの連続。
最新の立体を見せる画像は、それが実写であるかCG(コンピュータグラフィックス)であるかを問うのはもはやナンセンスなほど実写に見まごうCGであり、見る者にも “ほとんど実物” として違和感なく映るようになっています。
そんなわけで、作品の世界への没入感も満点です。
東京とサンフランシスコを混ぜたような、なんとも不思議な街の風景を始め、とにかく映像がクリアで美しいのが印象的でした。
そして、ロボットであるベイマックスや14歳の少年である主人公・ヒロの動きも、ボクがこれまでちょっと不得意に思ってきたアニメの動きとは全く違って、実に自然。
たくさんのクリエイターやアニメーターたちが、たくさんの時間と情熱をかけて作り上げてきた映像なのだということが伝わってきました。
誰もが柔らかく滑らかそうなベイマックスに抱きついてみたくなるはずです。


宣伝ではなんとなくこんな具合に、これもまた一種の “ゆるキャラ” か? と思わせるような印象もあったのですが、実際に作品を見てみるとそれはもうアメリカンコミックの世界そのもの。
少なくとも、男のコは大いに楽しめます。年齢に関係なく!

しかし、新しいアメリカンコミックのアニメーションということで宣伝をしてしまったら、一部のマニアにしか見てもらえないでしょうから、少なくとも日本では感動の作品であると歌う作戦に出たのだろうと思います。
ディズニー・スタジオの手がけるアメコミとして見てもらいたかったスタッフにとって、この宣伝方法はジレンマだったのかもしれません。
ただ、一度見た者にはもう一度見たくなるような気持ちが強く残りますね。
それこそが、子どもたちに夢と希望と勇気を与えるディズニー映画の魔力なのでしょうか?
ボクにとっては、期待以上の素晴らしさが感じられたお気に入りの一本となりました。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

なるほど、製薬会社の宣伝広告ですか!

この映画はなかなか楽しめましたね。
お孫さんなどを連れて、皆さんでぜひご覧いただきたいと思いますね。

No title

「I.Z. - 日々の一筆箋 2」を開いて、真っ先に目にした「ベイマックス」の宣伝画像を見た瞬間、ボクは日本の製薬会社の宣伝ポスターだと思いました。
少し昔は手造りだったアニメ映画の進歩は、デジタル技術のおかげでしょうね。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: