「夏詣」

毎年六月と十二月の晦日(みそか)、新暦では6月30日と12月31日ということになっていますが、半年間にたまった罪や穢れを祓って身を清める神事として「大祓(おおはらえ)」という行事が行われます。
昨日6月30日は、そんな今年前半の罪穢れを祓う「夏越の祓(なごしのはらえ)」の日。
かつては、その翌日には正月の初詣のように神社に詣で、これからの半年間の無事などを祈願したのだそうです。

浅草神社


毎年五月半ばの三社祭で有名な、東京の浅草神社が、そんな夏越の祓と神社詣の風習を今一度習慣化させようと、「夏詣(なつもうで)」を提唱し始めました。

今年折り返しの “元旦” を迎えた今日、仕事明けに遠回りして、浅草神社に “初詣” に出かけてみました。

浅草神社


夜の帳が下りた午後七時半過ぎの境内は、拝殿の扉も閉じられてすっかり静かな佇まいでしたが、それでも参拝者がひと組、またひと組と訪れていました。
場所柄、外国人の方々も多く見受けられました。

浅草神社 「夏詣」
「夏詣」のロゴマークが、なんとも好い感じです。
レトロで、モダンで、ちょっと涼しげ。

社殿の前には、茅の輪。

140701 051

140701 052

140701 053

140701 054
輪をくぐって輪の左側からまわって元の位置へ
次に輪をくぐって輪の右側からまわって元の位置へ
最後にもう一回、輪をくぐって輪の左側からまわって元の位置へ


実は、もはや神にすがるしか方策のなさそうな憂いをひとつ抱えているために、どこかの神社でも詣でようと思っていたのですが、ひょんなことからこの「夏詣」を提唱する浅草神社のことをのことを知り、わざわざ来てみたのでした。

「夏詣」の提唱に賛同してこうして記事化しましたから、その代わりにどうかボクの憂いをきれいに祓ってください。お願いします。

浅草神社


夕涼みに参拝、なんていうのも悪くないものですね。
隣の浅草寺は、この時期明るくライトアップされ、その空にはきれいな三日月。
明日7月2日は半夏生(はんげしょう)、一年間のど真ん中の日でもあるそうです。

浅草寺ライトアップ


さあ、今年もいよいよ後半戦ですね。
祈願無病息災!

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 日の光さま

ありがとうございます。
憂いはなくなりはしませんが、当座、最悪の事態は避けられたようです。
とはいえ、まあ、命というものは一刻一刻老いていくわけですから、そういう意味では憂いはなくならないのです。

でも、ボク自身は、大丈夫ですよ。
ありがとうございます。

どうかizさんの憂いがなくなること、健康で無事にいられること心から願ってます。
どうぞ元気で笑顔でいてください。大いなる自然の力に守られますように。

Re: 焼酎学生さま

ご心配をおかけました。
詳しくは申し上げられませんが、今日の夕方に連絡があり、最悪の事態は杞憂であったことがわかりました。
健康状態の心配というのは、医療に頼る以外はホント、あとは祈るだけしかありません。
ひとまず様子見とのことで、まずはひと安心した次第です。

そして、焼酎学生さんも、早めのご退院、おめでとうございます!
ホント、ホッとしました。

No title

「もはや神にすがるしか方策のなさそうな憂い」とはまた聞き捨てならない告白!?
ボクで宜しければご相談に乗りましょう。
ボクは不幸中の幸いで、きょう2日午前中に退院できました。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: