映画 『コーヒーをめぐる冒険』

《ものがたり》
2年前に大学を辞めたことを父に秘密にしたまま、“考える”日々を送っている青年ニコ。恋人の家でコーヒーを飲みそこねた朝、車の免許が停止になった。アパートでは上階に住むオヤジに絡まれ、気分直しに親友マッツェと出かけることに。すると、クサい芝居の売れっ子俳優、ニコに片想いしていた同級生ユリカ、ナチス政権下を生き抜いた老人等々、ニコの行く先々でひとクセある人たちが次々と現れる。果たして、ニコのツイてない1日の幕切れは──?



映画 『コーヒーをめぐる冒険』

『コーヒーをめぐる冒険』 と付けられた邦題は原題の直訳ではなく、原題は 『Oh Boy』というもの。
“Oh boy”の「boy」は、特に男の子を表す単語ではなくて、「おやおや」とか「やれやれ」といった呆然や失望といった感情を表す間投詞で、ネガティブな状況にあることに対してかける言葉です。
この作品のストーリーは、主人公のニコに対してまさにそんな「やれやれ…」と声をかけてあげたくなるものでした。

大学を中退しても親には秘密で仕送りに頼って「考える」とは言いつつもモラトリアムな日々を送るニコ。
いつから感じ始めたのかはわかりませんが、常にどこか何かの違和感を覚えるようになってきていて、他人とうまく噛み合わないことに気づき始めていたのでした。
そんな彼が恋人の部屋で迎えた朝、一杯のコーヒーを飲みそこねたところから物語が始まります。

ベルリンの街の中を巡りながら、ニコは不思議な人たちと出会い言葉を交わし、そしてどこかちょっと違和感を覚えながらも何かを感じて何かを得ていく。
その場を取り繕うだけの気持ちのこもらない会話から、やがて無意識のうちに相手のことを考えて心配したり理解しようとしたりしながら、本人も気が付かないうちにきちんとしたコミュニケーションに変わっていく。
ラストシーンのあとでは、きっとニコは改めて社会に出て行くのでしょう。
ついていないことばかりの一日だったけれどもその中で何かを得て、これまでうつろだった眼差しが最後にはしっかりと何かを見つめているように感じられました。
そんな彼の一日を、のんびりと眺めさせてもらった作品です。

「朝茶はその日の難逃れ」
子供の頃にラジオで聴いたそんな言葉を思い出しました。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

この映画は、ウディ・アレン監督やジム・ジャームッシュ監督の作品と似たところがあって、ストーリーを強烈に押してくるものではなくて、街で生きる人々のちょっとしたエピソードをつなげて紡いだような作品です。
ベルリンの街とそこに住む人々の様子を垣間見るといった趣向の作品でした。

「朝茶はその日の難逃れ」
焼酎学生さんは、その諺を体現されていらっしゃるわけなんですね!
ボクも明日から意識してお茶にします。

No title

「ドイツ・アカデミー賞受賞作品」に少し惹かれます。

「朝茶はその日の難逃れ」ですって?
ボクの無事長生きは、毎朝欠かさない紅茶のおかげなのかも。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: