春分の日に北アルプスを眺めに行く…その2

春うららの3月中旬に「北アルプスを眺めて歩く旅」をご一緒しませんか。
年明け早々にこんなお誘いを焼酎学生さんからいただいて、ぜひごいっしょさせてくださいと準備を始めました。
ここからのつづき



青春18きっぷ と 指定席券

東京都と神奈川県の県境を経て、山梨県に入る頃にはボクはもうすっかり寝入っていて、長野県の塩尻駅での停車まで3時間近くは眠ることができたようです。
立川駅で10分近くあった始発時点からの遅れを、各停車駅での長めの停車時間を切り詰めることで調整したようで、松本駅にはほぼ定刻に到着。
白く曇るガラスを何度か拭きつつ夜明け前の車窓を眺めていたのですが、松本駅ではこれまでに降った雪を除雪してできた小山が溶けきらないといった程度にしか雪はなかったのですが、松本駅から白馬駅までのJR大糸線約60kmの間に車窓の様子が急変。
特に信濃大町駅から白馬駅までの間の25kmで天候は大きく変わってしまったのでした。
それでも、日の出の時刻まであと10分ほど、電車は定刻通りに朝まづめの白馬駅に到着。
青白き「白馬」駅。雪がけっこうな勢いで降っていました。

JR大糸線 白馬駅構内

JR大糸線 白馬駅 と 夜通し走った 快速「ムーンライト信州」


駅舎内で各自持参の軽い朝食を摂ってから出発して、朝日に照らされる北アルプスの山々を眺めながら2駅先の白馬大池駅までの約6kmの道のりを歩こう-
そんな大テーマは敢えなく雪に阻まれて、出発前から「来てみたはいいけど、さあどうしましょう?」な状態に。
ひとまず、焼酎学生さんの奥様が用意してくださった おむすび をいただきながら作戦会議。
…いやそれどころか、作戦会議にならないほど、このおむすびがおいしいぞ!
梅とおかかがいっしょに入っているおむすびが、特においしかったです。
写真を撮るのを忘れてしまいましたが、ありがとうございました。

閑話休題
次の列車が来るまで駅構内で1時間も待つのはもったいない。
雪でも、ひと駅(約2km)ぐらいは歩きましょう、ということになりました。

JR大糸線 白馬駅

決して広いとはいえない駅改札口前の待合室から駅前広場に出ると、駅舎は意外にも近代的で大きな建物でした。
そして、雪。
それでも、駅前を線路に沿って走る片側一車線の国道148号線にはふつうにクルマが往来していて、歩道にも積雪はありません。
行けるところまで行きましょう。
そんな感じで4人は歩き始めたのでした。

高い建物のない素朴な雰囲気の駅前からそれほど歩かないうちに、まずは駅前商店街の店舗が途絶え、そのうちに戸建ての住宅もまばらになってきました。
そして沿道には、この天候の中ではふだんいったいどういうふうに利用されているのかが全くわからない、真っ白な土地が増え始めました。

国道148号線沿い

気がつけば、足許には雪が10cmほども積もっていて、舗道の路面はもうとっくに全く見えなくなっていました。

国道148号線 松川橋付近

それどころか、雪の降る量が多くなり、折からの向かい風に顔などに否応なく雪つぶてがあたってきます。

国道148号線 松川橋

そんな中、黙々と松川橋を渡るボクたち4人。
…もはやちょっとした吹雪の中、さながら “雪中行軍”。

国道148号線 松川橋

でも向かい風から顔を背ければ、ボクたちにはふだん見慣れない素敵な風景。
松川の向こうに、JR大糸線の機能本位でシンプルな鉄橋。

白馬の白犬
この天気、この寒さの中、この子たち “外飼い”!

白馬の白犬
珍しい、歩行者の登場に、吠えたり回ったり転がったりと、いや、元気なこと。

国道148号線を行く

ボクたちも元気よく歩いて行くことにしましょう。
《つづく》


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

いつまでかかるのか、今のところちょっとわかりませんが、どうぞご利用くださいませ。
よろしくお願い致します
転載していただくのですから、よりしっかりとした記事にせねば…。

No title

ボクがつくろうと思う旅行記へ、このブログの一部も組み込む予定でしたが、その予定を大幅修正します。
I.Zさんの写真と記事を、ほとんどそっくり転載することにしました。ご了解ください。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: