スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『ブリングリング』

《ものがたり》
カリフォルニア州カラバサス。ニッキー(エマ・ワトソン)は学校へ行かず、養女である妹サム(タイッサ・ファーミガ)、末の妹エミリーと共に、母ローリー(レスリー・マン)の自宅授業を受けている。ローリーが教えるのは「ザ・シークレット」に書かれた“引き寄せの法則”について。一方、マーク(イズラエル・ブルサール)は前の学校を退学した後、1年間自主学習を続けてきた。今日が新しい学校への登校初日。周囲から「キモい」とバカにされる中、唯一優しい声を掛けてくれたのがレベッカ(ケイティ・チャン)だった。放課後、ファッションやブランドへの憧れを語り合ううち、ふたりは意気投合していく。レベッカやクロエ(クレア・ジュリアン)と一緒にナイトクラビングに出掛けたマークは、そこでニッキーとサムに出会う。写真を撮り、フェイスブックにアップする彼ら。マークは生まれて初めての親友、レベッカに夢中になっていった。インターネットを見て、パリス・ヒルトンがベガスでパーティーをすると知ったマークとレベッカは、パリスの自宅周辺を地図検索サービスなどで調べ上げ、彼女の家に侵入する。豪奢な家の様子に圧倒されたふたりがそれを吹聴すると、ニッキーは言った。
「泥棒したい」
やがて、パリスがマイアミでパーティーと知り、今度はニッキーやサム、クロエを加えた5人で留守宅に押し入る。広いクローゼットを埋め尽くす服、靴、ジュエリー、サングラスの数々に目を輝かせ、邸宅に完備したクラブ・ルームではしゃぐ彼女たち。夢中になった5人はパリスの家にとどまらず、オードリナ・パトリッジやミーガン・フォックス、オーランド・ブルームとミランダ・カー夫妻などセレブの予定を次々に調べ、留守宅への侵入と窃盗をくり返していく。 しかし、彼女たちの悪ふざけがそう長く続くはずもなかった――。



映画 『ブリングリング』


新年の一本目は、キラキラした映画を見ようということで、そのものずばり「THE BLING RING」(“キラキラした指輪”の意)という作品を見てきました。

大人になりきれていない危うい年代の憧れは、常にメディアで取り上げられるキラキラした世界のセレブたち。
憧れのはずもそのセレブが自宅を開けるとわかれば、すぐにターゲット。
ネットで検索すれば邸宅の住所はすぐに判明し、ストリートビューでその場で下見もできてしまう。

暴走する若者には罪の意識などなく、忍び込んだ邸宅のクローゼット中では「さあ、お買い物!」と、ちょっとした遊びとして犯行を重ねる。
宝石や衣類だけでなく盗品を詰めるバッグもそこにあるブランド品であり、邸宅の中に設備があればどんちゃん騒ぎのパーティーもして、帰り際には「そこにキーがあったから」とクルマすらも盗んで乗って帰ってきてしまう彼ら。
実話をベースにした作品だとのことですが、ドキュメンタリー映画のような演出と脚本のせいもあって、見ているボクにはこれは実録映像としか思えず、軽い意識で犯行を繰り返す彼らに呆れてしまいました。
また一方で、セレブたちの邸宅内にあるあり余っていてムダとしか思えない衣類や装飾品の数々に驚き、またそれだけの生活をしながら外出時に必ずどこかの扉を閉め忘れていて、しかもセキュリティシステムすら導入していない点にも大いに呆れました。
欲望のままに暴走する若者も若者なら、無防備なスターもスター。
どちらにも同情を感じることはありませんでした。

彼らの中でただひとりの男性であるマークが自分を誘ったレベッカに生まれて初めて友情を感じて、それ故に犯行を重ねてしまって、ついに逮捕された後、彼だけが唯一自らしてきたことに罪を認めて反省する様子が描かれていますが、そのことだけがこの作品の救いになっている部分。
実際に邸宅に潜り込んだ時の彼らの生き生きとした様子を映しだし、この世代にありがちの浅薄な危うさを描き出して世に問うたのが、ハリウッドの名家で育ち、今や自らもセレブのひとりであるソフィア・コッポラ監督。
映画『ハリー・ポッター』シリーズで才色兼備のハーマイオニー・グレンジャーを演じたエマ・ワトソンが、実刑判決が下りても訳の分からない理屈を並べて自らを正当化して大きく見せようとする救いようのない女を演じているところも見どころですが、実際の被害者であるにもかかわらず、自ら実名で出演し、自宅をロケ地に提供したパリス・ヒルトンの“太っ腹”ぶりにも大いに驚かされました。

洋の東西にかかわらず、ゴシップ好きにはお薦めのキラキラした作品でした。




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

ハイ、この映画が今年最初の作品でした。
1月1日は、毎月1日の映画の日。
1,000円で鑑賞してきました。

この作品は、焼酎学生さんの琴線には触れないなぁとは、うすうす思っておりました。(笑
この記事を読んで、見たつもりになっていただけるのならば光栄です。

No title

初映画!
I.Zさんの観賞・感想で観た気になるボクです。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。