10月16日は 「ボスの日」

これを機に何か準備をしようかと思い立った方のために、事前の告知(?)を。
10日後の10月16日は、「ボスの日」 なのだそうです。

HAPPY BOSS DAY, Oct. 16


Wikipediaには、以下の通りに書かれています。
-1958年に、アメリカのパトリシア・ベイ・ハロスキが、会社を経営していた父のために、経営者と部下の関係を円滑にする日として提唱し、アメリカ商業会議所に登録されたことが始まり。
アメリカではこの日に、ボスを昼食に招待したりプレゼントを贈ったりして日頃の労をねぎらう。


…なるほど。
最近はもうすっかり上司と呑みに行くこともなくなってしまったので、上司におごってもらうことからも遠ざかっていますが、こういう考え方の日も悪くないものですね。

上司といえば、つい先だってまで放映されていたTBSのドラマ 『半沢直樹』 では、最後に主人公が取締役の悪事を暴き土下座をさせるという展開が大団円で用意されていたことを思い出します。
主人公が、弱い者いじめといえる不正を暴くために逆境に陥りつつも最後は倍返しの土下座をさせるというストーリーが爽快感を呼び、毎回高視聴率を打ち出していました。
あのドラマでは上司はたいてい “敵” として描かれ、テレビを見ている人たちは自分を主人公に置き換えているからこそ、最後に土下座をさせてスカッとするのでしょう。

でも実際のビジネスシーンではどうなのでしょう。
土下座を見る機会などまずないですし、それ以上に、ドラマの視聴率が良かったからといってその翌日から職場環境が少しでも良い方向に何か浄化されていったなどというお話は、土下座以上に耳にしたことがありません。

…というわけで、10月16日の 「ボスの日」 を前に、世にあまたいる “上司” の方々にちょっと省みていただきたいと思うことがあります。

ドラマ 『半沢直樹』 で、自分が最終的には土下座させられる立場(役柄)の視点で、部下や職場のことを考えてみてください、ということ。
ドラマを見て、自分と重ね合わせるのは主人公じゃなくて、むしろ敵役の“上司” の方。
-あなたは、慕われる上司ですか?

部下や下請けにまで気を配れていてこそ、ホントの意味での理想の “上司” だと思いますし、そういう人柄ならば、10月16日でなくとも部下は常に誇りに感じてくれると、ボクは思うのですが…。


…ってな感じで、今日は萬年ぺぇぺぇサラリーマンのつぶやきでした。(笑


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 日の光さま

ここじゃなくとも写真をほめてくださって、ありがとうございました。
トクホンチールも、もうすっかり使わなくて済む生活に戻っています。
…それも、ここのはなしじゃないけど。

なにはともあれ、楽になってきている様子で、なによりです。
実物のコメツキバッタを目にすることはすっかりなくなりましたが、仕事上でぺこりぺこり頭を下げ続けている人はよく見ますよね。
あれで万事うまくいくとでも思っているのでしょうか?
「そこで頭を下げちゃうと、オレら部下が苦しむことになるんだよぉ!」
そんな風に心で叫んでいるぺぇぺぇも、いっぱいいるってことを知ってほしい今日この頃…。
達観はしても、くれぐれも絶望に暮れるようなことのありませんように。
またコメントを、お待ちしております。

No title

素敵な朝の写真ですね。って、、ここじゃない?
トクホンチールはききましたか?って、、いつの話や!(笑)
充実した日々を送ってられて何よりです。
最近、土下座まではいきませんが口から出る言葉は、
申し訳ございませんとおっしゃる通りでございます。そして深く頷きごもっともですとしめます。決して自分の意見、主張は申しません。やっと三ヶ月、、楽になれました。ブサ犬のワンコのために働き生きてます。きのう今日来たぺぇぺぇになどにかんたんに仕事も心も与えない許さないとゆうキッツイ女の世界です。えぇ皆しっかり自分の座に固執し守ってます。ひとをおもい育てようなんて、さらさらないようです。正義、真実、よい、悪いなんてどうでもよいことなんだろうとある意味、絶望に近い感情を持ったり、人間なんて自分を含めやっばきたない弱いものさなんて開き直ったりと、虫の声が鳴り響く秋のよなが支離滅裂ですが思うままにつづってしまいました。おやすみなさい。

Re: yuusuke320さま

このボスの日、盛り上がっているのは飲料メーカーではなく、
百貨店を中心とした流通業界です。
写真は、日本橋三越のショウウィンドウです。

Re: 焼酎学生さま

ボクのようないわゆる事務系の職場の場合、適材適所というよりも、自分自身を居場所に合わせなければいけないようなケースの方が一般的な気がします。
そうなったときに、決してクサらない性格が求められるのですが、なかなかむずかしいようですね、特に中間管理職の方々には。

Good Morning

朝は赤! 午後はボスですか?
アサヒvsサントリーに混じり、名古屋のポッカ・大阪のサンガリアもよろしくです。

No title

一般的なサラリーマンは、苦情をつまみにして居酒屋で楽しめます。
上司でも、部課長など管理職はサラリーマンとして、最も難しい役どころだと思います。
適材適所という言葉ピッタリの上司は少ないようですね。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: