光を描き笛を奏でる台風

昨日の午前中の雨と今朝の雨の間のインターバル。
昨日の午後の横浜市北部では、晴れ間も見えていました。

昨日の午後2時 水たまり



そんな合間の午後2時、これは足許の水たまりの様子。
一瞬強い日差しを発した太陽が黒雲に隠されようとしているところに、雨滴が命中。
不思議な画が描かれました。

そして今朝は、早くも台風の作り出す強風域に入って、部屋の外では強めの風が吹き、どこでなにが音を立てているのか、ぴゅーという笛のような音も聞こえてきます。
竹垣や電線などに強い風が吹き付けて笛のような音を発することを “虎落笛(もがりぶえ)” というと記憶しています。

“虎落” は、粗く切ったり割ったりした竹を組み合わせて作った竹矢来(竹垣)のこと。
木であれば登ってしまう虎ですら、つるっと滑り落ちてしまうという竹垣、 “虎落” 。
そんな竹垣が強い風に晒されて奏でるのが “虎落笛” 。

近所に竹垣などはありませんが、台風由来の風がどこかで鳴らす笛のような音を聞いて“虎落笛” という言葉を思い出し、調べてみたら、これ、冬の季語だとのことでした。
ぴゅーという音を聞いて、街行く人が外套の襟元をきゅっと締め直すようなイメージです。
台風の風は、ぴゅーではなくゴーッという力強い感じですからね。

ともあれ、これから関東地方にも迫り来る台風、気をつけましょう。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

ひとつ隣の駅まで歩く間の国道沿いの歩道で撮りました。
けっこう大きな水たまりで、横っ飛びに避けようとしたときに見えた風景です。

迫り来る大雨と大風には、くれぐれも気をつけてくださいね。

No title

相変わらずユニークなカメラアイですね。
“虎落笛”  死語になってしまいました。漢字変換辞書にはありません。
台風18号。大雨。「特別刑法」じゃなくて「特別警報」ですよ。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: