スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“江戸優り” 下総・佐原に小江戸を見に行く…その6

諏訪神社から諏訪山展望台を経て、法界寺の境内を抜けて街に下りてきました。
ここから、古い建物の並ぶ “重要伝統的建造物群保存地区” の中に入っていきます。

ここからのつづき



佐原 小野川 学校橋付近


佐原の街を南北に貫いて利根川に流れ込む、小野川。
「お江戸見たけりゃ佐原へござれ 佐原本町江戸まさり」
江戸時代、水運でこの川の両岸を中心に街が発展し、その反映ぶりはこんな戯れ歌でも詠われるほどだったのだそうです。

佐原 小野川 案内板

佐原 小野川 休憩処付近

佐原 小野川 休憩処付近

佐原 小野川


蝦夷や奥州から海路で運ばれてきた物資は、江戸に送り込まれるために、銚子の港で利根川を経由して江戸に至る舟に載せ換えられました。
その舟が立ち寄ったり、この街でさらに小さな舟に荷物を載せ換えたりしたことなどから、人の出入りと物資の流通が生まれ、街が盛んになりました。

佐原 小野川 樋橋付近

佐原 小野川 樋橋付近


しかし、明治時代以降、次第に水運の動力と経路が変わり、街は拠点としての役割は失われていきました。
その結果、要衝ではないために太平洋戦争下でも空襲などに見舞われることがなかったということで、この街並みが今日に残された…。そんなお話を、街の老舗で聴きました。

佐原 小野川 樋橋付近

佐原 小野川 樋橋付近


程良く蛇行するこの川幅10mにも満たない川が、この佐原の街にとって、いろいろな意味で中心を担ってきたのだそうです。

佐原 小野川 樋橋付近



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

佐原の街を知ってから、東京近辺にある「小江戸」と呼ばれる街にも興味を覚えているのですが、たいていは東京から北か東の、ちょっと離れた近郊に位置しています。
そうするとたいてい、我が家からでも片道2,000円以上になりますね。
ちょっとした遠足でないと行かれません。
青春18きっぷを使って行くことなどがやはりいいのかもしれません。

No title

佐原の街を歩いてみたいのでアクセスを調べたら、所要時間片道3時間半、運賃往復5000円以上。
行くとしても、その機会は冬の青春18きっぷのときかな?
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。