スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“江戸優り” 下総・佐原に小江戸を見に行く…その5

この諏訪神社は、16世紀後半に創建されたもので、この社殿は嘉永6年(1853年)に造営されたものとのこと。
佐原の街は、中心部を南北に流れる小野川をはさんで、東側の地域を本宿、西側を新宿と呼び、この諏訪神社は新宿側の鎮守・氏神様。

ここからのつづき



諏訪神社から諏訪山展望台を経て、法界寺の境内を抜けて街に下りてきました。
ここから、古い建物の並ぶ “重要伝統的建造物群保存地区” の中に入っていきます。

江戸時代の商家 清宮
江戸時代に建てられた商家

清宮秀堅宅
江戸時代の文人、清宮秀堅(せいみやひでかた)の家

清宮秀堅宅
竪羽目の板塀は、思いの外、高くない

亀村本店
今なお現役(?) 亀村本店

山車庫
山車の納められている蔵

古い木造建築物
この建物は果たして使用されているのでしょうか?

蔵
木造の蔵

与倉屋大土蔵
与倉屋大土蔵

与倉屋大土蔵
明治22年に建てられた土蔵


与倉屋は、酒造や醤油の醸造で栄えた商家。
中は、500畳に及ぶ柱の少ない作業場で、今は倉庫として使われているとのことで、夜には佐原囃子の練習場としても利用されているのだそうです。

その大土蔵を回り込んで、いよいよ小野川沿いに出ます。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

佐原の街は駅から歩いて回れるのも好いところですが、都心から比較的楽に行けるところも好いですね。
特急など特別料金や予約が必要な電車ではなく、各駅よりちょっと速い快速電車とか、高速バスで行けるのが好いところです。
これからの季節、佐原はお薦めです。

「木造の蔵」は、いわれてみれば確かにその通り。
画面右端の壁に取り付けられた、消火器の入れられた木箱が素敵でした。

No title

I.Zさんのブログを見るたびに、訪ねてみたくなるので困ります。
「木造の蔵」は、裾部分の飾りだけが木造なのでは?
佐原の街は保存地区指定になっているのでしょうね。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。