“江戸優り” 下総・佐原に小江戸を見に行く…その3

佐原は、それほど広い町ではありません。
今回の街巡りは、時間を気にせず、ゆっくり路地まで入り込んで歩き回って見てみようと決めていました。

ここからのつづき



JR成田線 「佐原」駅
暖簾をくぐって駅前へ
佐原駅前にある郵便ポストと観光案内
「観光ガイドブック」って…


佐原はそれほど広い町ではないと地図で見て思ってはいたものの、実際に目にしてみないと本当の姿はわかりません。
そこで、街が一望できそうな場所に行ってみることから街歩きを始めました。

諏訪神社 大鳥居


駅の南口から南西に真っ直ぐに延びる道路は、路線バスや東京駅行きの高速バスも通る道ですが、決して大通りとは言えません。
そんな道を200mほど進むと、これまた大通りとは言えないような県道(県道55号線)との交差点があり、そこに諏訪神社の立派な鳥居が建てられていました。
ここから先はさらに道幅がせまくなって、もはやほとんどふつうの生活道路です。
大鳥居をくぐって200mほど、諏訪神社参道脇の公園に地元の偉人、伊能忠敬(いのうただたか)の銅像が立っていました。

伊能忠敬 銅像
伊能忠敬 銅像
伊能忠敬 銅像
伊能 忠敬
「仰瞻斗象俯畫山川」
「仰瞻斗象俯畫山川」
(あおいでは、としょうをみ、ふしてはさんせんをえがく)


日本全国を測量し、日本史上はじめて国土の正確な姿を明らかにした人物、伊能忠敬の功績を讃え、1919年に建てられたというこの銅像の台石に、「空を見上げて天体を観測し、身をかがめて地図を作り上げた」という意味の言葉が刻まれています。

佐原の街歩きでは、そこかしこでこの伊能忠敬の名前や功績を聴くこととなりました。

香取市佐原第一公民館


銅像裏手に建つ「香取市佐原第一公民館」も、なんとも好ましい建物でした。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

JR成田線の佐原駅は、銚子から利根川に沿って成田まで来る途中に位置し、利根川を渡った水郷、潮来への玄関口のひとつでもあります。
なので、ルートによっては通過していてもおかしくない場所に位置してはいるのですが…。

映画「伊能忠敬-子午線の夢」。
残念ながらボクは観ていませんが、加藤剛主演の作品でしたね。
今、街には伊能忠敬の大河ドラマ化運動があるようでしたが、果たしてどうなりますことやら…。

No title

佐原駅駅舎もいい感じです。
ボクは一日180円で、東京近郊路線ほとんどの車窓旅行を、何回かに分けてしましたが、残念ながら佐原駅はその地域外でした。
数年前に、映画「伊能忠敬-子午線の夢」を観て感動しましたよ。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: