神奈川県庁舎にデジタル掛け軸を見に行く

神奈川県庁本庁舎-キングの塔
キングの塔-神奈川県庁本庁舎


1928年に建てられた神奈川県庁本庁舎は、知事の執務する現役の庁舎としては1926年竣工の大阪府庁舎本館についで日本で2番目に古い庁舎なのだそうです。
周辺に建つ、横浜税関本関庁舎 と 横浜市開港記念会館 と、この県庁本庁舎の1900年代初頭に完成した3つの塔屋を持つ建物は「横浜三塔」と呼ばれており、またそれぞれの建物に、キングの塔(神奈川県庁本庁舎)・クイーンの塔(横浜税関)・ジャックの塔(横浜市開港記念会館)と呼ばれて親しまれています。

横浜税関本関庁舎-クイーンの塔
クイーンの塔-横浜税関本関庁舎

横浜市開港記念会館-ジャックの塔
ジャックの塔-横浜市開港記念会館


そんな「キングの塔」で今日、初めて夜間の庁舎公開がおこなわれ、その一環として「デジタル掛け軸」なる独創的なライトアップでキングの塔が飾られるというので見物に行ってきました。

本庁舎は、鉄骨鉄筋コンクリート構造の地下1階、地上5階建ての6層構造。その上に高さ約49mの塔屋がそびえています。

陽も落ちて空が夜の色に変わった午後7時過ぎ、「デジタル掛け軸」の投影が始まりました。
(投影される光がやや弱かったので、最も明るい部分と最も暗い部分の明暗差を小さくするモードや高感度モードで撮影した画像が混在しています)

キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸


キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸


以前紹介した「プロジェクション・マッピング」と「デジタル掛け軸」の差は、どういったことなのかー
「プロジェクション・マッピング」がスクリーンとなる建物などの凹凸に映像を対応させているのに対して、「デジタル掛け軸」はスクリーンの凹凸には関係なく幾何学模様のような映像を投影するというもの。
デザイン的な動画映像といったイメージの「プロジェクション・マッピング」に対して、「デジタル掛け軸」は建物に映像の包装紙を被せるような、アートな印象を持ちました。

キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸


幾何学模様は数秒おきに切り替わり、キングの塔がつぎつぎ新しいイメージで浮かび上がります。
この幾何学模様は、デジタルによって何通りものパターンが作られていて、いくら見ていても飽きません。
午後7時から30分ほど、いろいろな角度からキングの幾何学衣装を楽しみました。

キングの塔-デジタル掛け軸

キングの塔-デジタル掛け軸


(見学できた旧貴賓室や旧議場、それから屋上からの風景は、また別の機会にでも…)


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

実は、昨日は休み明けの出勤日でした。
時期的にこなさなければならない作業があったのでひと通りはこなしましたが、当日の依頼ごとなどはなく、昼下がりはすっかりのんびりとした調子になってしまい、それならと30分早く仕事を切り上げて横浜に向かった次第です。
まあ、まだお休みモードだったということです。

夕べのハマ風は、かなり気持ちの好いものでしたよ。
今朝方、NHKのニュースを見ていたら、このイベントもローカルニュースとして報道されていました。
そしてなんと、デジタル掛け軸を見た感想を求められてしゃべる女性の背後を横切るボクの姿が映っておりました。
それも、大きくかなりハッキリと!(笑

来週いっぱいぐらいで熱波もようやく落ち着いてくるようです。
イベントや東京駅の見物は、それからの方が好いと思います。

No title

まずは、連日の行動力に感心します。この8月、市庁舎一般公開スケジュールを見ていたのですが、腰が重かったボクです。
まだの東京駅見物も、少し涼しくなってからにしようと思っています。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: