映画 『アンコール !! 』

《ものがたり》
ロンドン。無口で気難しいアーサーは、隣近所でも有名なガンコ者で、息子ともギクシャク。唯一、笑顔を見せるのは、最愛の妻マリオンにだけ。病弱だが陽気なマリオンの趣味は、ロックやポップに挑戦するちょっと変わった合唱団“年金ズ”で歌うこと。ある日、“年金ズ”が国際コンクールのオーディションに出場することに!しかし、喜ぶマリオンに、なんとガンが再発したという告知が-。
練習に行けないマリオンのたっての頼みで、アーサーは、妻の代わりに渋々合唱団の扉を叩く。美人なのに恋愛ベタな音楽教師エリザベスや、個性派だらけの仲間との出会いは、アーサーの毎日を思いもよらない方向へ連れて行く…。
間近に迫ったコンクール。マリオンがアーサーにどうしても伝えたかったこととは? そして、自分の殻に閉じこもっていた72歳のアーサーを待ち受ける、新たな人生のステージとは-?!

~映画 『アンコール !! 』 公式サイトより~


映画 『アンコール !! 』 公式サイト


映画「アンコール!!」


「元気に楽しく天寿を全うする」
先般、遊助御大がブログで唱えた暴論に対して焼酎学生さんが諫めたコメントの中に、そんなひとことがありました。
日々のことも先のことも、考えれば考えるほど決して明るくないと思えてしまう今の世の中。身体的にムリが効かなくなっていると感じる高齢者ならばなおさらのことと思いますし、洋の東西も問わない課題だと思います。
「じゃあ、どうすればいいの?」
そんな問いに、陥ってしまった状況の中でちょっとだけ変わればいいんじゃないですか、というヒントになるのがこの作品だと思います。

ずっと気むずかしく頑固に生きてきた人が、180度転換するのはむずかしいこと。
しかし、「元気に楽しく天寿を全うする」ことを真摯に考える、それも誰かのことでなく自分自身のためを考えたとき、なにかがムリなく自然に変わってくるのだと思います。
そんな姿をいかにも頑固そうなイギリス紳士、テレンス・スタンプが見事に演じています。

この作品、『Song for Marion』 (マリオンのための歌)というのが英語の原題で、『アンコール !! 』 は日本でつけられたタイトルです。
しかし、愛妻マリオンの亡き後、自分自身が楽しく生きていくために変わっていくという物語は、ひとつのステージが終わって追加で演奏される楽曲である「アンコール」という解釈ではないような気がします。
第二の人生とかハッピーリタイアなどという言葉もありますがそれらも含めて、「元気に楽しく天寿を全うする」ことを信条とするならば、“ひとつのことが終わって次” という考え方ではないと思うので、このタイトルも「アンコール」ではないだろうと、そんな風に感じました。

「自分自身のために」「自分自身が元気に楽しく天寿を全うするために」…。
本気で考れば意外とむずかしいテーマだと思いますが、この作品がなにかのきっかけになるのではという気がします。
特に、“愛妻家” の皆さんにお薦めします。





関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: