映画 『はじまりのみち』

《ものがたり》
時は戦中。映画界に政府から戦意高揚の国策映画づくりが要求された時代。木下惠介が昭和19年に監督した『陸軍』は、その役割を果たしていないとして当局から睨まれ、次の映画の製作を中止にさせられてしまう。夢を失った木下は松竹に辞表を提出、病気で倒れた母、たまが療養している浜松市の気賀に向かう。失意の中、たまに「これからは木下惠介から本名の木下正吉に戻る」と告げる惠介。戦局はいよいよ悪化の一途をたどり、気賀も安心の場所ではなくなる。惠介は、山間の気田に疎開することを決め、その夏、一台のリヤカーに寝たままの母を、もう一台には身の回り品を乗せ、兄と、頼んだ「便利屋さん」と自分の3人で、夜中の12時に気賀を出発し山越えをする。17時間歩き通し、激しい雨の中リヤカーを引く3人。ようやく見つけた宿で、母の顔の泥をぬぐう惠介。疎開先に落ち着いて数日後、たまは不自由な体で惠介に手紙を書く。そこにはたどたどしい字で「また、木下惠介の映画が観たい」と書かれていた。

~映画『はじまりのみち』 公式サイト より~



映画 『はじまりのみち』


黒澤 明と並んで日本映画の巨匠と呼ばれる木下惠介。
その木下惠介が映画監督として世の中に飛び出したころ、本人は戦意高揚という要請に応えたつもりで作った作品のエンディングが女々しいと国から非難された。
夢を打ち砕かれた木下は、映画作りの世界を去る。
しかし、人間愛や恋愛、青春を謳歌する姿を描きたい。
そして、そんな思いを秘めた次男を、家族は温かく見つめ、再び柔らかく送りだす-

この作品の監督は、映画「クレヨンしんちゃん」のシリーズなどのアニメーションをずっと手がけてきた原 恵一。彼の初めて撮った実写映画なのだそうです。
そういえばここ数年、子どもを連れて見に行ったはずの親が「クレヨンしんちゃん」を見て泣いたという話をよく聞いていましたっけ。
…あの監督か、なるほど。

敬愛する木下惠介監督に捧げる作品を撮るにあたって、原監督はなぜ自分のアニメではなく実写を選んだのでしょう。
ここに今度は、原 恵一の “はじまりのみち” があるのかもしれません。

終戦からわずか数ヶ月前のこと。国中いたるところに破綻が来ていて、敗戦までの残り時間もあとわずかという頃の話。
しかし、未だかつて負けを認めた経験のないこの国は無策で、もはや疲弊と消耗のみ、人々にとって先行きは暗黒以外の何物でもなかったはず。
そんな時代に、再び夢に立ち向かうために山奥の村を去る木下惠介監督の姿が、背嚢を背負って森林鉄道のトンネルに入っていくというシーンで表現されていました。
暗いトンネルをやがて抜け、映画のラストでは木下監督の代表作の有名なシーンがいくつも並べられ、作品でその後の活躍を紹介。さすがにこれは、アニメでは表現できないことでしょう。
あまり木下作品を見た記憶のないボクですが、「あ、このシーン見たことある」などと楽しみながら見終えた作品でもありました。

巨匠誕生の背景には、強く信じる夢と、それを温かく見守る家族の姿、そして人々が見たい作品を的確につかんで生み出していく情熱があるのですね。
柔らかな遠州弁も温かな印象をもたらした、ちょっと気持ちの好い作品でした。




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

「カルメン故郷に帰る」は、主人公カルメンが草軽軽便鉄道に乗っているシーンもあるため、鉄道ファンの間でも観ておきたい映画のひとつとなっているようです。
佐田啓二や佐野周二といった男優陣は、今の俳優さんにはないニヒルな感じがカッコ好かったですね。

この「はじまりのみち」でも、ワンシーンが挿入されていて、高峰秀子の自由奔放な踊りを見ることができました。

No title

「カルメン故郷に帰る」は日本初のカラー映画でした。
「二十四の瞳」そのほか、高峰秀子とのコンビ作品で高い評価を受けた木下恵介監督。
いま生誕100年ですか。懐かしいです。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: