スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京・丸の内に チューリップの生け花 を見に行く

10万枚のチューリップの花びらを使った巨大な生け花が見られるというので、勤務開けにちょっとだけ、脚を伸ばしてきました。

Tulip Fantasia 2013


場所は、東京・丸の内の 丸ビル内イベントスペース、マルキューブ。
ガラス張りの吹き抜けが、夜になってほの暗くなっている中、縦12m、横9mのカーペット上に、赤と黄色のチューリップの花びらで描かれた作品が明るく浮かび上がっているようでした。

Tulip Fantasia 2013
Tulip Fantasia 2013
Tulip Fantasia 2013
Tulip Fantasia 2013


ここで使われているチューリップは、全てが富山で育ったものだとのこと。
球根を栽培するために摘まれた花びらを、草月流の華道家たちが一晩、夜を徹して作業をして作り上げたのだそうです。

Tulip Fantasia 2013
Tulip Fantasia 2013
Tulip Fantasia 2013


咲く花の芳香とはまた違う、摘まれた花独特の薫りがホール内に仄かに漂い、艶やかで情熱的な色を眺めつつも、どこか心休まる空間となっていました。
花の命、しかも摘んでしまった花びらの命は相当短いようで、今日からわずか3日間、25日(木)までの展示なのだそうです。

Tulip Fantasia 2013

Tulip Fantasia 2013



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

球根を育むために先に摘まれた花びらですから、命のことを考えざるを得ない芸術でした。

富山は大学時代の友人の住む黒部市には行ったことがありますが、砺波には行ったことはないですね。
一面のチューリップという壮観な風景、一度は見てみたいものです。

No title

はかない命の芸術作品ですね。
大阪からマイカーで、富山・砺波のチューリップ園へ行ったことあり、それは見事な眺めですよ。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。