スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『天使の分け前』

スコッチウイスキーの故郷スコットランド。育った環境のせいでケンカ沙汰の絶えない若者ロビー(ポール・ブラニガン)は、恋人レオニー(シヴォーン・ライリー)と生まれてくる赤ん坊のために人生を立て直したいが、まともな職も家もない。
またもトラブルを起こし、刑務所送りの代わりに社会奉仕活動を命じられたロビーは、現場の指導者でありウイスキー愛好家であるハリー(ジョン・ヘンショー)と、3人の仲間たち(ガリー・メイトランド、ウィリアム・ルアン、ジャスミン・リギンズ)と出会う。ハリーにウイスキーの奥深さを教わったロビーは、これまで眠っていた“テイスティング”の才能に目覚め始める。ハリーのおかげで初めて自分に自信を持ち始めたロビーだが、レオニーと息子との平穏で安定した生活を手に入れるためには、大きなチャンスが必要だ。ある日、オークションに100万ポンドもする樽入りの超高級ウイスキーが出品されることを耳にしたロビーは、人生の大逆転を賭け、仲間たちと一世一代の大勝負に出る!

映画 『天使の分け前』 公式サイトより

映画 『天使の分け前』 公式サイト


映画 『天使の分け前』


樽の中のウイスキーは、熟成が進むと同時に、一年に2%ほどが蒸発して失われるのだそうで、それを “天使の分け前(angels' share)” と呼ぶのだそうです。
そんなちょっと夢のあるタイトルの映画を観てきました。

ケンカや小競り合いに明け暮れる生活を送っていた主人公のロビーが、恋人との間に生まれた新しい命を通じて、きちんと生きていこうと心に決める。…でも現実は、なかなかうまくいかない。
そんな中、懲役刑の代わりに言い渡された社会奉仕活動を通じて知った新しい世界に、新しい夢を見いだす。
恋人と新しい命と新しい道を歩もうと決意した時にその夢を実現させるべく、オークションにかけられる伝説のウイスキーを利用する-。

現状を打破すべく考えた策は、そんな伝説のウイスキーをほんのちょっと掠めるというもの。
夢が叶えば、それもまた “天使の分け前” と言えるものだと思います。
些細なことでケンカを繰り返してきたロビーの、初めての知能犯。
本能的なけんかっ早さに抗いながら心を改めていくロビーの姿もさることながら、周りの人々の温かさが自分のことのようにとても嬉しく感じられた作品でもありました。

アメリカン・ドリームというほどの大きな夢の達成ではありませんが、ひたむきに願えば、“天使の分け前” ぐらいの夢はイギリスでだって叶えられるもの。
またひとつ、大きなヒントをもらったような気がします。




映画 『天使の分け前』



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

「舟を編む」はきっとテレビで放映されると思いますが、「天使の分け前」はおそらくテレビでも見る機会は稀だと思います。
グラスゴーからエディンバラに向かう英国北部の風景や、風光明媚な醸造所は、ぜひとも大きなスクリーンで見ていただきたいと思います。

関東地方では、東京と千葉でそれぞれ一館のみの上映。
東京は、この作品を最後に5月31日で閉館してしまう、銀座テアトルシネマ(かつての銀座テアトル西友)での上映です。
小振りながら、しっとりとした品のある単館です。

どちらにしようかな

あまり(ほとんど)映画を見なくなった僕ですが、いま「舟を編む」を見にゆこうと思っています。そこへこの「天使の分け前」が加わって迷います。
ウイスキー樽の「天使の分け前」は、昔サントリー山崎へ見学に行ったときに覚えました。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。