映画『007 スカイフォール』

《ものがたり》
ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンド、待望の3作目が、この冬スクリーンに帰ってくる!! 全世界で愛され世界最長シリーズ作品である007シリーズ。その23作目であり、記念すべきシリーズ生誕50周年を飾るのが 『007 スカイフォール』だ。

Mが過去の亡霊に付きまとわれるにつれて、007の忠誠心が試されることになる。MI6が標的にされるなか、007はその脅威を見つけ、破壊しなくてはならない。たとえ、その代償がいかに個人的なものであったとしても。

~映画『007 スカイフォール』 公式サイト より~



映画『007 スカイフォール』 公式サイト


映画『007 スカイフォール』


今年最初の一本は、『007 スカイフォール』。
東西冷戦が終わったのちのメディア戦争や対イスラムという構図でも世界支配が最終目的だった英国国家の敵ですが、今回の敵はこれまでとは異なっているという印象を持ちました。
もちろん目の前の敵とも戦い、いつものド派手なアクションシーンも満載ですが、今作ではジェームズ・ボンドだけでなくある意味で出演者の大半が内なる敵とも闘うというストーリーに、これまでの50年間、23作で初めて、ジェームズ・ボンドに親近感を覚えるという経験をしました。
キザでダンディ、色気のある正義のヒーローというイメージだったジェームズ・ボンドが、3作前からハードボイルドな、陰のあるタフガイに変わりました。
その分、ジェームズ・ボンドの心情を映すシーンが増えたのでしょう。そこで、初めてジェームズ・ボンドに感情移入することとなったようです。

50年目の定番シリーズの今作も、これまで通りにスパイアクション大作で、期待は裏切りません。
いや、期待以上のすごい作品であることは、間違いありません。
これまで“Q”から渡されてきたスマートながらもとても役に立つ武器に加えて、今回は懐かしいボンドカーや、“Q”の手ではない奇想天外な武器(?)も登場します。
また、今までに見たこともないようなアクションシーンもあり、またしてもボクはその魅力に圧倒されてしまいました。

それでも、本作は今までのものとは少し違った印象を持った作品でした。
今度はこう来たか-

今見ておくべき映画を、しっかり見てきました。





関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

「007 スカイフォール」も、好評を得ているようですね。
実際に見てみれば、好評の理由もよくわかります。

巨万の富の独り占めや世界制覇などが時代に合わなくなってきた現在、これまで通りの設定ではなかなか話も進めにくいと思いますが、どうか新しい展開でシリーズを続けていってほしいものです。

次回作にも期待です。

Re:yuusuke320さま

ニュークラウンのピンクには驚きましたね。
いや、ボクは否定的ではないですね。
むしろ、こんな冒険、大歓迎。
1970年代に流行した英国のTV番組「サンダーバード」で、ペネロープ女史が乗るクルマが、あの色のロールスロイスでした。

不変の人気

相変わらずの派手なアクション場面に、やんやの喝采が今も続いているんですね。
日本ではさしづめチャンバラ時代劇でしょうかね。
時代がどう変わっても、こういう傾向は不変のようですね。
シリーズ映画最長作は、たしか寅さんシリーズ48(49?)作だと思いますが…

世代を超えて。

ライオンや女神を束ねるSONYロゴに50年がWります。
まさに「温故知新」、リサーチ確かな映画でしたね。
小林旭の「自動車ショー歌」を聞きましょうcar
  http://youtu.be/eeyjzIiuml0
(レンタカーなれど)ピンクのニュークラウンでドライブに行きたいですね。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: