スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも 東京駅赤レンガ駅舎に巨大映像ショーを見に行く

10月1日の東京駅丸の内口駅舎のグランドオープンを前に、9月22日(土)と23日(日)の2日間にわたっておこなわれた記念イベント、TOKYO STATION VISION
その映像とはまた違ったプロジェクションマッピングがおこなわれていて、昨日は遊助御大も見に行ったというので、ボクも見物に行ってきました。
TOKYO HIKARI VISION


TOKYO HIKARI VISION


前回は幅200mにわたる広い範囲をスクリーンとしていましたが、今回は中央部分のみを使用した、ちょっと小振りのもの。
それでも、すっかり暗くなった午後5時の東京駅丸の内口には、相当な人出となっていました。
そして、午後5時半まであと少しという辺りから、始まりました。

TOKYO HIKARI VISION
TOKYO HIKARI VISION
TOKYO HIKARI VISION
TOKYO HIKARI VISION
TOKYO HIKARI VISION
TOKYO HIKARI VISION
TOKYO HIKARI VISION
TOKYO HIKARI VISION
TOKYO HIKARI VISION
TOKYO HIKARI VISION
TOKYO HIKARI VISION
TOKYO HIKARI VISION


約10分の異空間。
前回とは異なり、今回はひとりの作家によるもの。
ボクが見ている位置も良かったのでしょうか、中からなにかが飛び出してくるような演出の時には、ボクの近くまでホントに飛んできそうな感覚がありました。

駅前広場に響き渡る音楽と、巨大なスクリーンによる光の芸術。
冬の屋外でしたが、すし詰めの中での見物だったからでしょうか、それほど寒さを感じることなく、じゅうぶん楽しむことができました。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: yuusuke320さま

またしても中止でしたね。ボクは今回もぎりぎりセーフ。(笑
主催者の判断ミスもあるとは思いますが、これだけ大々的にやるとなれば、これは広告代理店の読みの甘さなのではないかと…。

ボクのカメラはPanasonicの2世代前のもので、その最新機種でも2万円を切る価格です。
今どきのコンデジとしてはふつうの価格だと思いますけど…(笑

実はこの画像、動画で撮ったものからキャプチャー(動画映像の静止画化)したものです。
ホントは動画をアップしたかったのですが、ボクのPCでは動画をYouTubeにアップすることができなくて、結果的にこうなりました。

撮影モードは、いろいろな機会に試してみた方がいざという時、使えますよ。ぜひ。

Re: 焼酎学生さま

人出は相変わらず多いですね。
PRにも余念がないようですが、報道ですでにご存じかも知れませんが、実はこの映像を見たあと、あまりに人が集まりすぎたので、このあとの上映は中止になりました。
9月に見た時もその後中止になっていましたので、どうもPRが空回りしているようですね。

ともあれ、平日の日中あたりの見物が良さそうです。
ボクも、一回はのんびり見てまわりたいと思っています。

偶然でしたが。

2万人? 中止?  主催者の判断ミスか?
数時間の車禁にして、人民解放区にしなければダメでしょう。

にしても、チョイ高めのコンデジは写りますねー  
ノンストロボのせいか?ピンボケでした。 夜景モードなら可だったでしょうか?  (カメラテストがまだでした)

丸の内の風物詩

東京駅も改装以来、PRに注力しているようですね。
いずれゆっくりと駅内外を見にゆくつもりですが、人出がいつまでも多いようですね。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。