Earthshine -地球照-

午後6時、住宅街にある駅前。
人通りの多い商業施設前の遊歩道に、天体望遠鏡を据えて星を眺めている男の人がいました。
訊けば、西の空の月を見ているのだとのこと。
「どうぞ、覗いてみてください」

薦められるままに覗かせてもらうと、三日月のクレーターまでがハッキリと見えました。
「おー! くっきり見えますねぇ」
「“ちきゅうしょう”って言って、あと2時間くらいで見えなくなっちゃうんですね」
「チキューショー?」

男性が他の通りすがりの子どもたちの相手をし始めてしまったので、“ちきゅうしょう”のことは訊けないままになってしまいました。
それでも、35倍の天体望遠鏡ならば木星の惑星や金星も楽しめること、天体望遠鏡のメーカーはお店の人が薦めるものが一番好いということなどをうかがいました。

「地球照(ちきゅうしょう)」とは、太陽光が直接当たって輝く部分とは別に、地球を照らした太陽光が反射して残りの月面がぼんやりと見えることをいうのだそうです。
空気の澄んだ冬、太陽に照らされる部分の広くない三日月状態が理想。
地球から見れば月は三日月ですが、月面から見た地球が“満地球”であれば満月よりも数10倍も明るいので、反射光で太陽光の当たらない月面も明るく照らされて、それが地球からも確認できるという原理なのだそうです。
…なるほど。

天体望遠鏡も35倍程度では初心者向けとのこと。
それでも、覗いてみればわくわくする世界が見えるのですね。
月や星について、ほとんど知識がないことに、今さらながら気づかされました。

12月14日の 月
我がデジカメ(Lumix DMC-TZ10)で撮った月
地球照の効果なのかカメラの感度なのか、月が丸く見えていますね
実際にはもう少しはっきりと、月は丸く見えておりました




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

子どものころから「ほら、暗いところも見えるよね」などと言いながら、現象こそ知っていたものの、ボクも名前は初めて知りました。
地球はおき意だけでなく、氷や水があるので、月面から見た時には相当まぶしく見えるのだそうです。

コンデジでの撮影は、やはり手持ちではムリですよ。(笑
この写真は、遊歩道の手すりにおいて2秒のセルフタイマーをセットしてぎゅっと押さえつけながら撮りました。
三脚を持ち歩くわけにもいきませんが、撮りたくなった時には必ず、「あー、三脚があればなぁ」なんて思いますね。
今度、お手軽三脚を探しに行ってみようと思います。

地球照?

地球照という言葉は初耳ですが、その現象はよく見ますね。
それにしても、コンデジで手持ち撮影が、ほとんど手ぶれなし。きれいに撮れましたね。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: