スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『ボーンズ・ブリゲード』

《ものがたり》
Bones Brigade…これはデスメタルのバンド名でもなければ怪しい協会の名称でもない。
社会のはぐれ者でありながら、たぐいまれな才能をもったティーネージャー達からなる天才集団、それがボーンズ・ブリゲードだった。
名声や人気に動機づけられるわけでもなく、世間からは見向きもされない孤独なアートに人生をかけた。天性と技術を兼ね備えたボーンズ・ブリゲードの登場はスケートボード業界に激震を走らせ、1980年代を通して影響力を与え続けて史上最も人気を集めたスケートボード・チームとして成功を収めた。
70年代の元スケートボード・チャンピオンが率いたボーンズ・ブリゲードはスケートボードにおける帝国を築き、大会を総なめにし、巨万の富を生みだした。また今日のスケートビデオの原型を編み出し、広告スタイルを一新し、スケートボードにおける新しい時代を切り開いた。これまでに存在しなかったストリート・スタイルと呼ばれるようになる新しい流れの土台を築いたのだ。今日のスケートボード界で彼らに肩を並べる存在はない。…

~映画『ボーンズ・ブリゲード』 公式サイト より~


映画『ボーンズ・ブリゲード』 公式サイト


Bones Brigadeブームの盛衰を経験した無垢な先駆者たちの物語。
まだ少年のうちにプロとして見いだされて、スケートボードの新しい技の発明と習得に明け暮れた無名の少年たち。
喝采を浴びるというよりも自分自身で納得したいがために一心不乱に努力して、アメリカ中から見いだされて集まってきたチームの仲間と切磋琢磨していく日々。

ストリート・カルチャーとはいえプロフェッショナルとしてスケートボード競技の頂点に立ち、ブームを築き上げた6人のメンバーは、それぞれに独自の悩みを持ち葛藤とも闘いながらそれでも練習に励むのですが、チームは解散することとなってしまいます。
それは仲間割れではなく、ブームの盛衰に左右されたり、彼ら自身の成長もあったのでしょう。
しかし彼らはスケボーに決別することなく、今も何らかの形でスケボーにかかわり続けています。

アスリートやアーティストなど、ビジネス抜きで技術の向上に努力した人々がピークを超えたり、さらに上のステージを目指すとしたら、それはどう変化していくのか。
そのひとつの姿が示されていたドキュメンタリー映画でした。






関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: yuusuke320さま

事実は小説よりも奇なりといいますが、ドキュメンタリーは映画として編集された時点で“事実”から離れて“小説”に近い位置に少しだけ動いてしまったような気がしてしまって、そういう意味でドキュメンタリー映画の見方はなかなかむずかしいものがあると思います。
特に今回のこの映画は、撮っている人自らが撮られる対象のひとりとして出演しているわけなので…。

今どきテレビ番組ではどっしりとしたドキュメンタリーを作るのはむずかしいようなので、たまにはこういったドキュメンタリーを見に行くのもいいなと思いました。

バイクのドキュメンタリー映画と言えば、先般までバイクのF1「motoGP」をテーマにした映画も上映されていましたね。
見に行けなかったのですが。

Re: 焼酎学生さま

運動音痴、面倒くさがり屋かつひねくれ者だったボクは、身の回りで流行していたスポーツには、どうにも反応できなくて、今となっては後悔ばかりです。

60歳からカヌーや乗馬に挑戦されたんですか?
それはすごい!
ボクも数年前に初めて乗馬に挑戦しましたが、素晴らしさがよくわかりました。
お金のかかるスポーツなのでなかなか再挑戦できませんが、悔いの残らないようにまたトライしてみたいと思います。

…で、サーフボードかぁ。
そもそも泳げないからなぁ…。

対抗?

こちらがスケボーのドキュメンタリーならオイラはバイクのドキュメンタリー「ON ANY SUNDAY」が思い出される。
70年代の全米各地で日曜日に開催されている種々のオートバイレースや参加している選手たちの日常を描いており、モトクロスを趣味としていた俳優のスティーブ・マックイーンの映像も収録されています。
  http://www.youtube.com/watch?v=gM1Rs29g1b0

無縁の世界

僕は60歳を超えてから、つまり会社勤めをやめてから、カヌーや乗馬などにも挑戦しましたが、街路や公園でのスケートボードとは無縁でした。
今になって、練習しておけばよかったと後悔するのは、相模湾で見るサーフボードです。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。