ちょうどの “一杯”

今日は仕事上で、珍しく昼どきに外出。
でも帰社後の予定との関係で満足に昼食の時間が取れないため、たまたま見つけたラーメン屋でお手軽ランチ。
「喜多方ラーメン 坂内」 の 喜多方ラーメン +サービスのライス。

喜多方ラーメン 坂内 「喜多方ラーメン」


手打ちうどん はら のおやじさんに薦められたとおりに、ラーメンとライスを並べて“45度”左側から撮ってみましたよ~)

注文時に、ちょっとしたことが気になりました。
というのは、注文を取りに来た女性が、オープンキッチンの厨房に注文内容を伝える時に「ラーメン一杯!」とか「焼豚一杯!」、「ねぎ焼豚一杯!」と、“一杯”という表現を使っていること。
ラーメン屋では「ラーメン一丁!」とか「塩バター一丁!」などと、“一丁”という表現が一般的で、耳慣れたものではありませんか?

“一杯”というのは「丼を一杯」という意味なのは明瞭ですが、言われてみれば“一丁”ってどういう意味なんでしょう?
辞書には「一人前」とありますが、それがなぜ “丁”?

Wikipedia 版 Dictionary の Wiktionary “丁” のページには、その意義のひとつとして「成年男子」とあります。
また、字源として「くぎを象り、一転に定まった様を意味する。「釘」の原字。」ともあります。
“一転”は“一点”の間違いかと思いますが、つまり、人間が成長して立派な大人になった時、確固たる大人を表す単位が “丁” だということのようです。
過不足ない確かな分量を“丁度”、割り切れる数字と割り切れない数字で“丁半”、成人男子ひとり分で“一丁前”。
…ってことでしょうか。

かつて、栗良平の短編小説「一杯のかけそば」が空前のブームになったことがありました。
あの話では一杯のかけそばを母子3人で食べましたが、蕎麦屋は丼を一杯だけ供したので、題名の通り “一杯”なわけです。
しかしあの話、実は、貧しそうな母子を見て蕎麦屋の亭主は1.5人前の蕎麦を茹でて出したのだそうです。
「一杯のかけそば」は“一玉半”、つまり“一丁半”でした。
…というのは、どうでもよい半端な話。

10分ちょっとの時間でちょうどの一杯、ライスがついて一丁半?
じゅうぶんお腹がいっぱいになりました。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: yuusuke320さま

今ではすっかり「てぃーじろ」と呼ばれている“T字路”も、本来は“丁字路(ていじろ)”だったようですね。
“丁”の方が確かにレトロな感じがあって好いと思います。

“丁”と“T”、“てい”と“ティー”あるいはドイツ語風に“テー”などと、偶然にも読み方も似ています。
ついでに言うなら、“丁”の“てい”と“ちょう”も、お茶を表す“ティー”と“ちゃ”の差に似ていませんか?

以前、“カタカナもどき漢字”(http://mumuiz.blog40.fc2.com/blog-entry-2059.html)について書きましたが、“丁”は“アルファベットもどき漢字”です。(笑

Re: Ryuさま

先輩、ごぶさたです。
ブログ、拝見していますよ。
前田敦子が卒業してからのAKBは、なんだか次のステージに移ったような印象ですね。
活躍の場を広げるだけでなくて、最近は一種のオピニオンリーダーにもなりつつある。
特に、映画を観て「嫌いなものは嫌い!」と言い切った大島優子には快哉でした。

また駄文にコメントいただけたらと思います。

Re: 焼酎学生さま

銃や農耕具など鋳鉄による製品の単位で、そういえば豆腐も型から作る製品ですね。

“ちょう”と“てい”でもまた意味が違ったりするようで、たった二画のシンプルな漢字ですが、なかなかどうして複雑です。

ウンチクついでに。

東郷元帥率いる日本帝国海軍は遥々ヨーロッパから小鬼退治にやってきたバルチック海軍を前に「T字戦法」で勝利しました。
一般的にローマ字の「T」を使いますが、実は「丁(チョウ)」だったのである。 そうな。
考えてみれば「T」よりも「丁」のほうが明治の日本に相応しいように感じます。   シャンシャン


ご無沙汰してます。

なかなか楽しいうんちくですね!

博打の丁半にもつながっていたとは、

僕は、相変わらずのAKBブログになってしまってますが、izさんのブログで雑学の知識を高めさせてもらってます。

不思議な数え方

数量単位で「丁」は、銃、農具、工具など細長い器具に用いられますが、豆腐も1丁と数えます。
何かの作業を始めるとき「一丁やるか!」とも言います。
サイコロ賭博では丁半と言います。
結論=わかりません。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: