スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『希望の国』

《ものがたり》
舞台は東日本大震災から数年後の20XX年、日本、長島県。酪農を営む小野泰彦は、妻・智恵子と息子・洋一、その妻・いずみと満ち足りた日々を送っていた。あの日が来るまでは。長島県東方沖を襲ったマグニチュード8.3の地震と、それに続く原発事故は、人々の生活をたちまち一変させる。原発から半径20キロ圏内が警戒区域に指定される中、強制的に家を追われる隣の鈴木家と、道路ひとつ隔てただけで避難区域外となる小野家。だが、泰彦はかつてこの国で起きた未曾有の事態を忘れていなかった。国家はあてにならないと言い、自主的に洋一夫婦を避難させ、自らはそこに留まる泰彦。一方、妊娠がわかったいずみは、子を守りたい一心から、放射能への恐怖を募らせていく。
「これは見えない戦争なの。弾もミサイルも見えないけど、そこいらじゅう飛び交ってるの、見えない弾が!」

その頃、避難所で暮らす鈴木家の息子・ミツルと恋人のヨーコは、消息のつかめないヨーコの家族を探して、瓦礫に埋もれた海沿いの町を一歩一歩と歩き続けていた。
やがて、原発は制御不能に陥り、最悪の事態を招いてしまう。泰彦の家が避難区域となり、強制退避を命じられる日も刻一刻と迫ってきた。帰るべき場所を失い、放射能におびえる人々。終わりなき絶望と不安の先に、果たして希望の未来はあるのだろうか?

~映画『希望の国』 公式サイト より~


映画『希望の国』 公式サイト


映画はエンターテインメント。
喜怒哀楽、人間のいろいろな感情のうち、特に「哀」を絡めて「喜」を引き出すことで「楽」しんでもらうのが一般的な映画ですが、この作品は「喜」さえも「哀」に変わることを示して「楽」がいとも簡単に壊されることの「怒」を気づかせる一本でした。

映画 『希望の国』登場人物の誰もが意外な結末を迎えるわけでなく、どの人もやっぱりそういう風にしかならないだろうという展開をしていくという脚本ではあるのですが、作品の途中からわけもわからず涙が出始めて、最後までずっと涙の止まらない作品でした。

その涙の半分は「哀」れみによるものですが、もう半分は「怒」りによるもの。
舞台は東日本大震災から数年後の日本の“長島県”という架空の場所ですが、見ているボクたち、特に東日本で生きるボクたちにとっては“長島県”は福島県であり、“長島県”を襲った地震は東日本大震災であり、その地震で破壊され“長島県”を翻弄する原発は福島の原発です。

福島原発が爆発した日以降のボクたちの行動は、いったい正解なのか?
世の中に発表されている情報は、果たして正しいのだろうか?
想定や予想は、果たして本当に当たっているのだろうか?
誰もがなにをどうすればいいのか正解がわからないまま過ごしていっているのが、3.11以降の実情だと思いますが、この作品で描かれている一家もそんな中のひと組で、言い方を換えれば、この作品は“とある一家についての再現映像”みたいなものです。
だからこそ共感できて、怒りを感じるのです。
そして、悲しく悔しくやるせないエンディングでようやく画面いっぱいに表される、園子温監督直筆の題字、「希望の国」。…最後になんと痛烈な一撃。


日本を舞台に日本人しか出てこない映画ですが、日本国内では資金を調達できず、イギリスと台湾の協力でできあがった作品だと聞きました。
また、民放のテレビでは一切宣伝が流されておらず、多くの映画評論家がコメントを断ったり、ニュース等でこの作品を取り上げたのはNHKだけだったということも耳にしました。
問題提起よりも自己都合が優先、保身が第一なのですね。

テレビで宣伝していなくとも、10月20日(土)の上映開始から3週間を経た今日、11月10日(土)の新宿では、午後4時からの上映回で115席が満席だったことが心強かった。
…テレビを消して映画館に行きましょう。





関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【映画 『希望の国』】

《ものがたり》舞台は東日本大震災から数年後の20XX年、日本、長島県。酪農を営む小野泰彦は、妻・智恵子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:焼酎学生さま

異例な映画だけに制作ステップも通常の映画とはだいぶ異なっていたようで、そのせいもあって当初の上映館が少なかったようです。
これから上映が始まるところも多いようで、最終的には全国上映になりそうな気がしますね。

そこまでいって大ヒット作になったとして、はてさてテレビは黙っていられるのか?
-そんな見どころも出てきましたね。

たくさんの人が見てほしい

作られて見られて(ニュースにも取り上げられて)当然の作品ですね。全国上映してほしいです。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。