スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『アイアン・スカイ』

《ものがたり》
2018年、再選を目指すアメリカ大統領により、選挙PRのために月に送り込まれた黒人モデルのワシントンは無事に月面に上陸。
しかし、すぐに鉤十字を身にまとう月面ナチス親衛隊クラウスに拉致されてしまう。
なんと彼らは、第二次大戦後地球をあとにしたナチスだった!彼らは月へと逃亡し、地球へ復讐を果たすべく月の裏側に第四帝国を築き、軍備を増強していたのであった。
機は熟した。ワシントンをガイドに、月面総統閣下はいよいよ地球への侵略を開始する。
地球ではアメリカを中心に急遽地球防衛軍を結成。
前人未踏の宇宙規模の戦いが今、始まる!

~映画『アイアン・スカイ』 公式サイト より~


映画『アイアン・スカイ』 公式サイト


映画 『アイアン・スカイ』一般的には“B級映画”などという表現で紹介されていますが、決して“B級”などではなく、ホントにこの映画を作りたかった人たちが集まって、限られた資金の中で最大限に力を振り絞って完成させたことが感じられる傑作でした。

設定が荒唐無稽なものであることが、“ブラックコメディ”の定石。
第二次世界大戦下の1945年、ドイツ崩壊の際に秘密裏にナチスが月に脱出したという設定が100%あり得ないとは言い切れない程良さで、結果的に純粋培養されたナチスの国粋主義と今の世の中で世界を代表するアメリカ合衆国とが対峙することによって、結局は今の世の中を茶化すだけでなく、最後には笑えない結果を招くという警鐘も鳴らしています。


軽いノリで作ったわけではなく、周到な計画と徹底したこだわりによって丹念に作り上げられた、低予算の映画です。
なんでも、その徹底したこだわりから製作費が底をつき、ネット上でカンパを呼びかけたところ、なんと1億円も集まったのだとか。“SPECIAL THANKS”として厚くていねいにエンドロールにひとりひとりの名前が刻まれておりました。

絵画や小説、音楽や演劇などでは歴史的に見ても一般的であり、社会情勢などを広く知っていなければ理解できないということから意外にも高尚な娯楽に位置づけられる“ブラックコメディ”。
日本ではなかなかないジャンルの映画ですが、久しぶりに堪能できた怪作でした。





関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

配給元からなんて…、何かほしい!(笑

誰かに媚びたお笑いや、大金をかけた底の浅いエンターテインメントに、ボクはもう飽きてしまったようです。
素直に笑えるものや奥の深いエンターテインメントを探していたら、ちょっとアンテナが反応してしまいました。

関東地方では、新宿でしか上映していないようですね。
でも、ぜひともご覧いただきたいですね。

うまい!

予告編をはるかに上回る、I.Z.さんの宣伝術はさすが!
すぐ近くで上映中だったら、すぐ見にゆきますね。
たぶん、映画配給元から何か貰ってますね???
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。