映画 『ソハの地下水道』

《ものがたり》
1943年、ポーランド。下水修理と空き巣稼業で妻子を養っているソハは、収容所行きを逃れようと地下水道に繋がる穴を掘っているユダヤ人たちを発見した。ドイツ軍に売り渡せば報奨金を得られるが、狡猾なソハはユダヤ人たちを地下に匿ってやり、その見返りに金をせしめようと思いつく。ソハは迷路のような地下水道の構造を最も知り尽くした男なのだ。
ところが子供を含むユダヤ人グループは面倒見きれないほど人数が多く、隠れ場所の移動や食料の調達さえ容易ではない。おまけに執拗なユダヤ人狩りを行う将校が目を光らせ、ソハの妻子や若い相棒は処刑の恐怖におののいていく。
自らも極度の精神的な重圧に押しつぶされそうになり手を引くことを決心するが、時すでに遅かった。同じ生身の人間であるユダヤ人たちに寄り添い、その悲惨な窮状を目の当たりにしてきたソハは、彼らを"守る"という自分自身も信じがたい茨の道を選ぶのだった......。

~映画『ソハの地下水道』 公式サイト より~


映画『ソハの地下水道』 公式サイト


映画 『ソハの地下水道』


またしても、なんともやりきれない思いのする映画を観てきました。
第二次世界大戦中のナチスによるユダヤ人などに対する大量虐殺、ホロコースト。
アウシュヴィッツなどの収容所に多くのユダヤ人を送り込んで殺害したことや、またユダヤ人たちを救った、ドイツ人のオスカー・シンドラーや日本の外交官、杉原 千畝などは映画でも取り上げられていますが、この映画の主人公でポーランド人のレオポルド・ソハも実在した人物なのだそうです。
当時はポーランドで、現在はウクライナの都市リヴィウが舞台のこの物語。
当時と現在で国名が違うというだけでも予想がつくかも知れませんが、ユダヤ人を含む多くの人種が混ざって住む地域で、当然ながら人々が話す言語もいろいろあり、複数の人種が混在すれば、当然民族ごとに反目があって、しかもその両側は急成長中のナチスドイツと社会主義のソ連…。
翻弄されることを回避できない土地で繰り広げられた実話、でした。

ポーランド人であるが故に強制的に収容されることはないソハですが、歴史的にも完全独立を果たせないこの地は、ソ連に抵抗するウクライナや勢いのあるドイツの支配下という立場にあり、なかなか思うように裕福な生活は送れない。そこで本業である下水修理工のほかに、こそ泥や詐欺なども働いてなんとか家族を養っている。
そんな日々の生活に追われている貧しい男だからこそ、もともとは小銭稼ぎのつもりで始めたユダヤ人保護が、やがては命を賭してまでも死守しようという気持ちになったのだろうと思います。
最初はただの金づるとして極めてビジネスライクに接していたユダヤ人との間でしたが、ソハの心の中がわずかずつ変わっていく様子がていねいに描かれています。

また、彼の無謀な行動を知って、呆れかえり一度は家を出て行ってしまうも、結局夫に理解を示し協力する彼の妻の懐の深さを知ることのできる一瞬も、なかなか味のあるシーンでした。

ソハに保護されたユダヤ人たちも、これまた単に老若男女入り交じるというだけでない集合体で、ドイツから逃亡してきた者やある程度の地位に就いて教養のある者もいます。不本意にも、文字通りの運命共同体となってしまった彼ら。その中にも人それぞれ境遇に差があるということも、ボクは全く考えもしなかったことでした。

命は奪わなくとも非道きわまりないユダヤ人迫害のシーンや、極限状態を生きる人々故にむしろこだわる性的欲求が高まったシーンなどもリアルに描かれており、決して後味の良い映画ではありませんが、人間として観ておかなければならない映画なのではないかと強く感じました。

この映画を観て「なんと酷いことを…」と思える、平和な今の自分の境遇。
しかし、それは果たして、本当に平和で心から満足できているものなのでしょうか?
そして、ある日不意にソハと同じ立場に立ってしまったとしたら…。

またしても、深く考えさせられる映画に出会ってしまいました。


関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【映画 『ソハの地下水】

《ものがたり》 1943年、ポーランド。下水修理と空き巣稼業で妻子を養っているソハは、収容所行きを逃れよ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: kyさま

こんばんは。
この映画は、まだ全国ロードショーがこれからというものです。
ですから、これから近くの映画館で上映されるかも知れませんよ。

それにしても、“みてみたい映画ばかり”なんて、うれしいですね。
ボク自身も、観てみたかったからこそ劇場に足を運んだ作品なので、紹介して、それを観てみたいと思ってもらえるのは光栄です。
ボクは、作品の関係者でも何でもないんですけどね。(笑

「戦場のピアニスト」、ボクも観ました。
今もちょうど開催中ですが、「東京国際映画祭」で2002年に上映された時に、渋谷で観ました。
この映画も、舞台はポーランドでしたね。
リアルな映像と、男同士の友情と憎悪などがみごとに描かれていて、泣きました。
一方「ソハの地下水道」は、史実として知られていることを前提にネタバレ覚悟で書くならば、最後はまあハッピーエンドですから…。

ホネの治療は、いわゆるブロック注射ですか?
あ~、あれは痛いですね。
“焼け火箸を刺す”などという喩えがあるくらいですからね。
でも、この注射は、患部を治すというよりは、痛みを軽減させて患部の治癒・治療に取りかかれる状態にするためのもの。
注射をしなければ、結果的になにも楽にはなりませんから、一回は痛みに耐えてみてください。
(ボクは、腰のヘルニアの時に都合4回、腰にこの注射をしましたから)

気力で治すのは、痛みがなくなって、道筋が見えてからですよ。
今のままでは、良くなっていくことなど絶対にありませんから、病院に必ず行ってください。

こんばんワ♪
I.Z.さんが紹介してくださる映画、みてみたい映画ばかりなんですョ、でもこちらド田舎なもんで…上映してませ~ん(ガーン!泣)
しゃあないので東京さでますヵ(笑)
ナチスのユダヤ人大量大虐殺のなんともやりきれない映画、内容は全く違いますがかなり前みました。
戦場のピアニストでした。
流れる月光の音楽があまりに悲しく元気をなくしてしまった記憶が(爆)
もしかして元気なくしますか?
でも、たくさん深く考えさせられますよね。
時を待ってDVDでなく是非、映画館のスクリーンでみてみたいと思いました。ハイ。
“骨”の治療は一時ストップです。
注射が嫌で泣きました(爆)
先生と看護婦さんを困らせる、とんでもないいい年したお馬鹿です(あの痛みは絶対ムリムリ×)
ずーっと説教されたあげく気持ちが変わったらいつでもいらっしゃい!って言ってもらいましたが、絶対行かな~い。
気力でなおしてみたいと思います(ドンナモンタイ♪でも、、ホントは歩くの激痛、、なおるはずがないよン、、トホホ…)
もう少し意地はって生きてみるつもりです。えぇ。((笑)

Re: 焼酎学生さま

最近は観たい映画の上映が続いています。
観たいと思うのは、新聞の映画評からというのが一番多いですね。
次に、実際に映画館に足を運んだ時に見る予告編やらチラシやら…。

歴史上で、こんなことも起こっていたのかと知らされた一本でした。

観たい映画

「ソハの地下水道」のご説明を読んで、これもまた観たい1本となりました。
自分もいつか、似た運命にもてあそばれる可能性を秘めている物語には、深く考えさせられるでしょうね。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: