日和田山に 巾着田 を見に行く

曼珠沙華(まんじゅしゃげ) が咲き誇る、埼玉県日高市の 巾着田(きんちゃくだ)
「蛇行する高麗川が、“ひ”の字形の平らな土地を生み出し…」と書いてはみたものの、「ほら、その通りでしょ」と表す画がないのがちょっと残念なところ。
巾着田 の北側にそびえる 日和田山(標高305m)に登ればその全景が眺められるとパンフレットにあったので、ならばと、ハイキングコースに足を踏み入れてみることにしました。

巾着田 から見た 日和田山


里山のなだらかに登る道を道標に従って進み、ここから登山道というところまで来ました。
案内板には山頂まで50分と書かれていますが、ボクは巾着田の姿がわかるような写真が撮れれば良いだけなので、山頂まで行くつもりはありません。
そこそこのところで引き返してくることにしていました。

ハイキングマップ


坂はいきなり急角度になり、丸太を埋め込んで整えた階段は斜面を真っ直ぐ進んで行きます。
「いきなりこれか?」
わずか数分で息が上がり、早くも「やめようか」と心の中では思っています。
しかし、ときどき振り返ってみても後方視界は木立に阻まれて全くありません。
とりあえず、進むしかなさそうです。

金刀比羅神社 一の鳥居


丸太の階段がなくなり、道がやや緩やかになったところに鳥居が。
山頂近くにある金刀比羅神社の 一の鳥居 でした。
登山道入口の案内板には、ここから「男坂」と「女坂」にコースが分かれて、男坂は岩肌の上を進むのできつく、女坂は緩やかとありました。-さて、どうしましょう?
岩肌の上を進むのならば、木々がなくなって背後に巾着田を望めるポイントもあるでしょう。
-「男坂」を選んで進みます。

男坂

男坂


…やっぱりやめておけばよかった。
3歩で1mほど登ってしまうようなきつい丸太の階段が続きます。

そして登ること約30分。
いよいよ手も使って身体を支えないと登れない岩場も攻略して、眺望の良いところまでたどり着きました。

金刀比羅神社 です。

金刀比羅神社

巾着田 全景


振り向けば、巾着田 が一望できました。
盆地状の袋の部分は見えますが、画面手前側、巾着袋の紐の部分は見ることができませんねぇ。ちょっと残念。
それでも巾着田 を俯瞰する写真が撮れて満足でした。

でも、ここまで登ってきたのですから、せっかくなので頂上まで行ってみましょう。

日和田山

岩場


こんな厳しい岩場をさらに登って行きます。

あれ!? この岩には、スニーカーで踏んだような足跡がありますね。
堅い岩なのに、不思議です。 

スニーカーのあと?

スニーカーのあと?


5分ほどで山頂に到着。
あいにくの雲の多い空と霞のかかった下界の風景でしたが、山から見た東の方角。
晴れていれば、前方に筑波山や右手方向に東京都心やスカイツリーも見えるのかも知れません。

日和田山山頂

日和田山

日和田山からの眺め


ただ 巾着田 の全景を見ようと登り始めた日和田山でしたが、結局、標高305mの頂上まで登ってしまいました。
猿となんとかは高いところが好きなどと言われていますが、ボクはまさにその“なんとか”そのものなものですから。(笑




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: kyさま&yuusuke320さま

もう、どうしたものかと迷ったあげく…
結局、放置しました。(笑

これからも、この場で、どうぞおくつろぎください。

ヨッタリ、ky嬢さまへ。

メノコ(女の児)は素直がイチバン。
で、こんなショットはいかが?
  http://yuusuke320.blog115.fc2.com/blog-entry-999.html

面白可笑しくふざけてゴメンナサイ。
不適切発言お許しください。
反省してます心からゴメンナサイ。
ほんのりいきます(笑)

巳旅!

   ky嬢へ
 師匠ではありません。態度がデカいので、御大と呼ばれているだけです。
 オイラに似た?チンバビッコの泉谷しげるもこんな曲を歌ってます。 
  (この文章には差別用語が含まれており、言葉は生ものですので取扱には注意しましょう) 
     http://youtu.be/TKCBOWoCqIY

   I.Z.さんいをへ
 ブログ汚しのコメントしか書けませんがお許しを 。
 強制退去の出禁になる前に泉谷のこんな曲はいかが?
     http://youtu.be/MBI5j-jFs1U


Re: kyさま

御大のことは、笑って許してあげてくださいな。
ホント、困ったもんだ…。(笑

フットワークの軽さというのか、最近は「見たい」と思ったらまっしぐらという傾向が強くなりつつあるようです。
朝早い電車に飛び乗って、肩で息をつきながら、いったいなんでこんなにがんばっているんだろうと思うようなこともしばしばあるのですが、まあ、それが性分なのですからしかたありません。

ですから、逆に、気が向かない時や頭の中がまとまっていない時には全く動きません。
それは、日常、常に目標を持ったり、なにかに動機づけられて行動しているかどうかということと似ているのかも知れません。
目標がしっかりしていたり理にかなった動機があれば、行動に移す。-それだけのことです。
リハビリを目的に海辺を歩く、それとなにも変わりません。

大切なのは、目標や動機づけを素直に受け入れること、でしょうか。
拒むと、その後に改めて動き出すまで不必要に時間が掛かるような気がしますから、なるべく素直にいたいと思っているのですが。

Re: yuusuke320さま

地図ぐらい、知ってまんがな!(笑

画像で見せて、「ほら、巾着でしょ!」って言いたかったのです。
いや、それ以上に、自分自身で巾着田の姿を見て、「わ、ホント、巾着の形だ!」と笑いたかったのでした。

そういうのが行動の原点で、今回は登山にまで挑んでしまいました。

Re: テラゲン合格!さま

ようやく歩き回るのにも好い季節になりました。
日常のリフレッシュには、出歩くのが一番です。

Re: 焼酎学生さま

山登り、結局、がんばりました。
腰のヘルニアで右脚にシビれがあり、ここにきて首の椎間板もすり減っているということで右腕にも鈍痛が走っています。
しかし、そういうことがあるからこそ、むしろがんばってしまったのかも知れません。
そんな具合に結局、毎年高尾山やら御岳山に登っていますが、今年は日和田山だったようです。

…地図や絵ではなく、袋状に見える実際の写真が欲しかったんですね。
しかし、実際に地図を見ても、面白いほどに“ひ”の字の形、してますね。

コラぁ♪
何が元気になる歌なんだ~エロいゾ!禿!(ウソ♪)
このお茶目なオヤジ何とかしてくださいなI.Z.さん
強制連行でも(爆)
アッいっけなぃ…お師匠さんでしたネ大切な。
失礼致しました(トホホ…)
それにしても凄いですね~とうとう登りきっちゃったんですね!!
ヤッタァ!!
そのフットワークの軽さとあふれるバイタリティに乾杯!!
見習わねば…。
今日はお天気もよかったので海岸沿いをリハビリがてら散策。
で、ふと浜辺を見たら、
な、何?この釣り人の多さ(愕然)横一列にビッシリ黙々と。
釣れるんかなぁ~楽しいのかなぁ~夕飯のおかずなんかなぁ~と勝手に一人よけいなお世話(爆)
のんびりノホホンの1日でした。
ナマステ~♪

再度、御大参上!

貴兄は地図も知らないらしい。 (笑
それともその目で見なければ、とイチニイチニと「365歩のマーチ」を聴きながら登山でしたか?

「鳥になったら」と俯瞰絵図作家を御存知でしょうか?
  http://yuusuke320.blog115.fc2.com/blog-entry-712.html
と、相変わらずオイラブログのPRにきました。


   ふたたび、ky嬢へ。
昨日は失礼しました。
お詫びに元気がでる大冒険ソングをどうぞ。
  http://youtu.be/mLapN6kzOPE


お久しぶりです。

出かけると、気分がリフレッシュして、
いいですね。

No title

山登り、若さで頑張りましたね。
巾着田はGoogle地図↓でも、よく分かりますよ。
https://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&q=%E6%97%A5%E9%AB%98%E5%B8%82+%E5%B7%BE%E7%9D%80%E7%94%B0&ie=UTF-8&ei=poNxUL36IaKbmQW9qYDwDA&sqi=2&ved=0CAgQ_AUoAg
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: