映画 『プンサンケ』

《ものがたり》
正体不明の男は38度線を飛び越えてソウルとピョンヤンを行き来し、3時間以内に何でも配達する。運ぶのは、離散家族の最後の手紙やビデオメッセージ。 北朝鮮製の煙草・豊山犬を吸うことから、男は“プンサンケ”と呼ばれていた。 ある時、韓国に亡命した北朝鮮元高官の恋人イノクをソウルに連れてくるという依頼が舞い込む…

~映画『プンサンケ』 公式サイト より抜粋~


映画『プンサンケ』 公式サイト


子どものころに見たチャップリンの映画。
追われる脱獄犯を演じるチャーリーが、逃げて国境を越えようとしたものの砂漠のその先にある国ではガンマンたちが撃ち合いをしているというエンディングの映画がありました。
そのまま進めず、だからといって戻るわけにもいかないチャーリーはしかたなく国境線を跨いだまま走り去っていき、そのまま幕。見終わって気が遠くなりそうになった記憶があります。
それ以来でしょうか、国境を舞台にした映画になぜかすごく惹かれます。
特に強烈な印象の残った作品は、ヨーロッパ映画の『ノー・マンズ・ランド』と韓国映画の『JSA』。

誰かの意図により不条理に設けられた、本来は何の根拠もない境目のつながりが国境。
線の向こうもこっちも同じ土で同じような草が生え、鳥は自由に行き来できるのに、人間だけが自由に往来できず、目と鼻の先に住む隣人なのにどうしても受け入れられなくなる透明の壁が国境です。

実際には日本にも国境はあるのですが、それがたまたま全て海の上であるために、ボクたち日本に住む人々にはなかなか実感が湧いてきませんし、分断されて行き来することができなくなるなどということも、なかなかイメージしにくいものがあります。
だからこそ興味があって、ついつい映画を観ようと思ってしまうのでしょう。

映画 『プンサンケ』この『プンサンケ』も、その不条理な現実がみごとに描き出されていて、素晴らしい作品でした。
ひとことも言葉を発しない主人公の「プンサンケ」と呼ばれる男。何も語らないので、彼がいったい何者なのか、どういう過去を持つ男なのか、なぜこんな仕事をしているのかなどは全くわかりません。
ただ、個人のイデオロギーの相違だけで不条理に引かれた国境があるが故に、彼の中の何かが焚きつけられ危険を顧みずに危険地帯を往復するのでしょう。

彼を捕らえて利用しようとする南北どちらの朝鮮人もが、彼に対して必ず
「お前は北の人間か、それとも南の人間か?」
と訊いてきます。
しかし、彼は無言を貫きます。

あまりに訊かれるので、国境という存在の重大さに実感のないボクには「なんでそんなことが大事なのだろう」と思えてきます。
おそらく、それこそがこの映画で訴えたかったことなのだろうと、今になって気がつきました。
つまり、今の朝鮮半島になぜ国境があるのか、国境は本当に必要なのか。休戦以来、間もなく60年になろうというのに事態は全く進展しておらず、戦争は終わっていないのだということ-。

「プンサンケ」は南でも北でもない人間なのでしょう。
誰もが望む、“国境のない朝鮮”の人。
ただ、今の世の中がどうしたわけかそれを受け入れられずに「北か? 南か?」と訊いてしまう。
そしてどうしても敵対してしまう…。

期せずして、竹島や尖閣諸島を巡る領有権問題が顕在化している昨今、日本も決して他人事ではないという意識も喚起される作品だと思います。

誰もが感じている不条理が身近にあることと、映画制作が国策で保護されていることから、韓国ではこんなに力強い作品が生み出されるのだろうと思います。
体格や顔立ちから言葉や映し出される風景も、日本とそれほどの差がないために比較的簡単に感情移入ができるのが韓国のエンターテインメント。
韓流ドラマも好いですが、こういう重いテーマの映画もぜひとも見ておくべきだと思いました。



(あまりに思うところが多すぎて、レビューになりませんでした。ハイ…)



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: テラゲン合格!さま

人それぞれ、考え方の差があるでしょうから、そう簡単にはまとめられないと思います。

人それぞれって、それだけ多様ならば、身近に感じられない人たちも多くいるのではないでしょうか?

幸せは・・・

人の幸せのカタチは、人それぞれであり、
すぐ身近にあるものなのかな?

Re: 焼酎学生さま

なるほど。
わかりやすくまとめてくださいましたね。ありがとうございます。
南の立場でも北の立場でもない、折衷案でもない真の統一案が出るまでは、終戦というのはないのでしょうか。

口を開けば南か北かのイデオロギーに基づいた物言いになってしまう。
故に「プンサンケ」は黙して語らなかった。
しかし、案は語らなければ広まらない。黙ったままだと疑われる。
ジレンマですね。

半島の歴史

1945年、日本の敗戦により転がり込んだ、植民地朝鮮半島の自由。自ら勝ち取った国土でないため、ソ連とアメリカによって南北分断されてしまった。
中国が支援する北部と、アメリカ軍が駐在する南部とで、朝鮮戦争が始まった。
朝鮮半島統一の志士不在のまま、67年の歴史を重ねてしまいました。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: