カレー当番?

ここのところ我が家では、週末の土日のどちらかは、ボクがカレーをつくる当番になっている模様です。
「今日はカレーだから、よろしくね」
昼ごろにカミさんが、さらりと言ってのけました。
欠席裁判か野党不在の国会か、閣議決定で決まってしまったことのようです。

そんなわけで、薄曇りの昼下がり、重い腰を上げて、さあ、つくりますかぃ。

定番の野菜


ボクがつくるカレーというのは、特別なものでもなんでもありません。
このブログでも過去に何回か紹介しましたが、ほとんど定番の野菜と肉、そして市販のカレールーを使ってつくる、いたって芸のないものです。
ふだん一切料理をしないボクを動かしてつくらせようということだけがカミさんの魂丹で、特別なものは何も求められていません。

あえて訊いてみたところ、なんでも「ひとりになっちゃった時に生きていけるでしょ」ってことらしく…。なるほど。

思えば、小学校3年か4年の時に、アイデアマンの担任が休日に学校の家庭科の教室を借りて開催した「カレー教室」で初めて料理に挑戦したのが最初。その後は料理に興味を持つこともなく、また料理せざるを得ない状況に陥ったこともほぼなかったため、特にこれまで料理にはかかわらずに生きてこられました。
ただ、その後、何回もカレーは作ったことはあるので、いまだにこれだけはつくれますし、おかげで今現在包丁を使ったり、鍋の扱いに抵抗がないことには感謝です。
でもとにかく、積極的に料理をしようというところまではいたっていません。
今後、前向きになっていくことはあるのでしょうか?

カレーづくり カレーづくり


意識してタマネギをとことん炒めるようにしています。
つい最近まで、“炒める時には強い火”と信じ込んでいて、強めの火で炒めて鍋の内側を軽く焦がしてばかりいたのですが、最近は弱い火で長い時間炒めるようにしています。
“飴色になるまで炒める”といいますが、いったい“飴色”ってどんな色?
緑がかった白から輝くような白になって、やがて落ち着いた白に変わっていく様子を、木べらをうごかしながらゆっくり眺めるのは楽しいものです。
肉は豚の肩ロース。肉とタマネギをとことん炒めるのがポイントでしょうか。

カレーづくり カレーづくり
カレーづくり カレーづくり


ニンジンとジャガイモを入れて、ゆっくり煮込み、カレールーを入れてもうちょっと煮込んで、さあ完成。
何のひねりもアイデアもないカレーでしたが、おいしいものができました。

我が家のカレー 完成!


当番の仕事はしっかりこなしましたよ。

…来週もがんばります。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

果たして自慢料理と言えるのでしょうか…。

ふたり暮らしならば、“担当”という発想が浮かんで、料理せざるを得ない状況に立つのでしょうね。
ボクは関西に単身赴任したことがありますが、“単身”ゆえに何もしませんでしたから。
我が家も結婚約20年にしてようやく“担当”という役割分担ができました。

ふと気がついたのですが、ボクには“当番”がまわってくることになりましたが、カミさんにはなにかまわってくる“当番”、増えたのでしょうか?
訊くに訊けない…。

美味しいでしょう

ただ1つでも自慢料理があればよいではありませんか。
僕は高校生の3年間、会社勤めの姉と二人暮らしで、夕食を担当していました。
だから、コメ、肉、魚なしの粗食献立つくりとかにも馴れていますよ。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: