スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立競技場に ワールドカップ・サッカー を見に行く (番外編)

「FIFA U-20女子ワールドカップジャパン2012」
韓国に3対1。準々決勝も、勝ちましたねぇ。
次は9月4日(火)の準決勝、ドイツ戦。
これにも勝って、ぜひとも9月8日(土)の決勝戦で世界一を決めてほしいものです。

さて、そんな1次リーグ第3戦観戦話の、こぼれ話を。
 ・国立競技場に ワールドカップ・サッカー を見に行く(前編)
 ・国立競技場に ワールドカップ・サッカー を見に行く(後編)

「日本 対 スイス」。
開催国枠で出場している日本にとっては、全試合がいわゆる“ホーム”ゲームですが、それ以外の参加15カ国にとっては毎試合がいわゆる“アウェイ”です。
(ここでの“アウェイ”は「外地での試合」を意味していて、本来の意味とは異なります)

アルプスや美しい風景、また時計や製薬など精度の高い工業製品、そして小学校の社会科では“永世中立国”という言葉も学びました。
-そんな具合に世界的にも有名なスイスですが、全人口は約760万人。
スタンドに詰めかけた16,000人あまりの観衆のほとんどが日本人で、スイス人とおぼしき方々はなかなか見つけることができませんでした。
(スイス系の金融会社と保険会社のTシャツを着た日本人は数名見かけましたが…)
そんな、完全に異国人に囲まれた状態の中で戦わなければならないスイスチーム。
いや、これはスイスチームに限った話でなく、日本以外の15カ国全てにとって、大なり小なり同じ状況だと思います。
つまり、ほとんどの参加国には組織だった応援団などは望むべくもなく、声援がピッチに届くほどのサポーターも来場できていないというのが現実のようです。

そんな中、ボクの座っていた場所から数列向こうで、ドイツ語とおぼしきカタカナ言葉をつかった熱い応援が、突然始まりました。
「ホップ スイッツ! ホップ スイッツ!」(Hop Switz! Hop Switz!)

U20女子ワールドカップ盛り上げ隊


頭にちょんまげのカツラをかぶった応援団長らしき日本人の青年が声援の合間にスタンドの観衆に向けて声を張って語りかけていました。
「スイスの選手たちは、1次リーグ最下位で、すでに今日の試合を終えると明日には帰国ということが決まっています。ここまで精一杯がんばってきていますし、今日も日本代表を相手に正々堂々と戦います。そんな選手たちですが、ぜひとも熱い声援をお願いいたしまーす!」

U20女子ワールドカップ盛り上げ隊


そして彼らの掲げる横断幕には、ドイツ語でこう書かれていました。

 Vielen Dank fur Ihre Unterstutzung.
 Japan Schreitet voller hoffnung voran.


ドイツ語はほとんどわかりませんが、震災時の支援への感謝と前に向かって歩きますというような決意の言葉が書かれているのだろうと思います。
ウォーミングアップ中の選手たちに声援を投げかけ、この横断幕を目にしたピッチ上の選手からは軽く手を挙げて応えたりしてもらっていました。

この応援団は、Facebookでつながる有志から発生したという、「U20女子ワールドカップ盛り上げ隊」という集団。
各スタジアムや練習場において、各国の言葉で書かれた横断幕を掲げて、世界中から受けた支援の御礼を伝えるという活動をしているのだそうです。
その一環で、出場国それぞれの言葉で応援もして、“アウェイ”同士の試合さえも盛り上げる。

全国5か所のスタジアムや練習場に、約700名の盛り上げ隊が出向いて、こうした横断幕を掲げ、感謝の意を表しているのだそうです。
なかなかできることではない素敵な取り組みだと思い、試合終了後も彼らの音頭取りに従って、しばらくの間、ボクも他のサポーターたちといっしょに声を出していました。
「ホップ スイッツ! ホップ スイッツ!」(Hop Switz! Hop Switz!)

Hop Switz ! Hop Switz !
U20女子ワールドカップ盛り上げ隊


エンツォの国、スイス。がんばりました!
そして「U20女子ワールドカップ盛り上げ隊」の皆さん、ご苦労さまでした!


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

震災支援への感謝に加えて、来訪してくれたからには楽しく帰っていただこうという、恩返しとおもてなしの気持ち。
むしろ本編より好い話だと思ったので、なんとかして“番外編”まで持ち込んだ次第です。

U-20女子サッカー、勝って優勝することもまた戦った相手への恩返しだと思います。
がんばってほしいものです。

ごもっとも

遠路はるばるご苦労さん、という他国への応援団体。いい話ですね。
でも、U-20女子サッカー頑張ってほしいです。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。