オリンピック ロンドン場所

開会以来、まずは連日柔道の模様が中継されていて、なんとも力の入るここ数日。
日本の武道として世界に広まったものの、どうやら今は、数ある武術のひとつという場所に立ったのでしょう。
“道”では重視される「形」はすっかり見られず、オリンピックの試合は「乱取」のみでメダルを競っています。

日本について全く知識のない女性が、ロンドン巡業(正式には “ロンドン公演” )をおこなっていた大相撲を見て、「大相撲ロンドン場所」(Sumo:The London Basho)という名前が面白いと言っていました。
曰く、「“Bash” は英語で “叩く” や “強く打つ” という意味。肉弾で闘うという感覚がストレートに伝わってくる」
…のだそうで。

マナーとエチケット、格式を重んじる国にあっても、相撲は太った男たちがぶつかり合うというイメージしか持たれていない様子でしたから、柔道も、“柔” とか “道” といった理解しにくい概念は抜きにして、だらっとしたユニフォームのスポーツとして広まっていくのでしょう。
嘉納治五郎師は、どう思うのでしょうね、今のこの現実。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

ボクは古来の精神論を抜きにしたような普及には、なんとも焦燥感がありますね。
試合を終えてもキチンと礼をせずに畳を下りる選手や、道着が帯から完全に抜け出てしまっていてもキチンと帯の中に納めさせようと指導しない審判。
相手の痛めた部位を狙う攻撃など、“道” を外れた行為とボクは考えてしまうのですが…。

“サムライ” は日本人以上に精神論が尊重されてブームになっているようですが、“Judo” はどうやら日本を離れて独自に歩み始めているようです。
ヘイ ジュウドウ どこへ行く?

No title

世界へ普及してゆく、数少ない日本のスポーツ。良いことだと思います。頑張れヘイ ジュウドウ。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: