鉄道グッズ

勤務先でこんな嬉しいものをいただいた時、この会話をそのすぐ脇で耳にしていた女性から、こんなものをいただきました。ありがとうございます。

鉄道グッズ(西武鉄道の手提げ2種ほか)


なんでも、彼女の業務の前任者が異動で去るに当たって置いていった荷物の中に入っていたのだそうです。
いったいどんなつながりでこういったものを…? いわゆる売り物ではないものばっかり。

鉄道趣味であることが知られると、こういったもの、自然と集まってくるようになるのでしょうか?

JR各社ロゴマーク&ロゴタイプ


鉄道会社の中には、“鉄”という漢字が“金”を“失”うと書くことを嫌って、金偏に“矢”と書く会社があります。
例えば、JR四国を除くJR各社がその例で、企業のロゴマークに添えられたロゴタイプ(指定書体等を使って図案化された文字列)には“鉄”の字ではなく金偏に“矢”が使われています。

それでなくとも「鉄道趣味」。いわゆる“鉄”は金がかかる一方だと、“鉄”本人ですら嘆いている人が多いというのに、ボクが“鉄”と知られてからのグッズの集まり様といったら…。
まるで、帯磁した鉄に砂鉄が吸い付いてくるようです。
ボクは、磁化した“鉄”なのでしょうか?

まあ、それならそうでもけっこうな話ですが、“鉄”ならば錆びないように維持していかなければなりませんね、“金”を“失”うこともないように。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 焼酎学生さま

そうでしたね。
最初かどうかはボクも知りませんが、近鉄もかつて“金偏に矢”でしたね。

ロゴタイプ上では“金偏に矢”でも、プレスリリースなどのテキスト上では“金偏に失”としか表せない矛盾。
本業よりも“金”に固執しているようで、ボクにはなんだかイメージが良く映りません。

ボクには、「鐵」を使う会社の方が、好感が持てますね。

難解??

とっくにご存じでしょうが、「鉄」の「失」を「矢」にした最初の鉄道会社は、近畿日本鉄道だと聞いたことがあります。確認しておりませんが。
「鉄」を嫌ってか、未だに「鐵」を使う鉄道会社もありますね。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: