タナバタの前日にタナボタ

勤務先のさる方から、うれしいものをいただきました。
7月10日(火)に、横浜に開館する 原 鉄道模型博物館 の招待券。

原 鉄道模型博物館 招待券


そのさる方は、先だって開催された内覧会の招待され、見学なさってきたのだそうですが、残念なことに鉄道に趣味のない“非鉄”。
お土産にいただいたこの招待券も、どうしたものかと考えあぐねていたのだそうです。

「誰か、“鉄”いないかな?」
つぶやいた最も近くにボクがいて、手を挙げてみたというわけです。

原 信太郎(はら のぶたろう)さんの名前を知っていただけでなく、今回「原 鉄道模型博物館」が開館することもどこかで聞いて知っていました。
原さんの鉄道模型は、今どきの1両の長さが15cmほどのNゲージなどではなく、ボクが子供のころに当時の中高年が楽しんでいたOゲージや一番ゲージという大きなサイズで、機関車など一両一両、金属板を切り出したり、ハンダ付けでなくネジやリベットをつかって部品を組み上げているという話を聞いたことがありました。
そんなわけですから、「原 鉄道模型博物館」が開館すると聞いた時には一度は行ってみたいと思いましたし、月刊の鉄道趣味誌「Rail Magazine」の編集長が書かれたブログを読んで、その気持ちは確信に変わっていました。
「鉄道博物館」すら行ったことないのに…。

うれしいな。
この夏、横浜に手作りの機関車と広大なレイアウト(いわゆる箱庭)を堪能しに行ってきます。
タナバタの前日にタナボタでした。
へへへ…。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re:yuusuke320さま

原 鉄道模型博物館、興味もたれましたか?
ぜひ、ごいっしょしましょう。
…って、ご察しの通り、券2枚はボクが2回使おうと思っていたわけですが。

実物同様のスクラッチ&ビルドの世界、見ればハマると思いますよ。


それにしても、タナバタにタナボタ、でしたね。
大いに笑わせていただきました。

Re: 焼酎学生さま

焼酎学生さんも“鉄”で、原さんのことをご存じだったのですか。
いやぁ、改めて原さんの名声の広さに驚きです。

きっと今時の鉄道ファンにはぴんとこない車輌ばかりが置かれているのだろうと思います。
日本の鉄道ファンは、おしなべてアメリカをはじめとする海外の鉄道車輌には興味を持っていませんし、全く別物と考えているようですから。

かくいうボクも、アメリカの鉄道のことなどほとんど知りませんが、限りなく本物に近い状態のミニチュアを作りたいという考え方には大いに共感していますから、そういった観点からも楽しめると思っています。

御大も交えて、3人で行ってみませんか?

Re: Ryuさま

まさか、Ryuさんが原さんと言葉を交わされたことすらあるなんて…!
もう、びっくりです。

神戸の「シャングリ・ラ鉄道」は、非公開といわれているものだけに、をれを「見にいらっしゃい」なんて…。
で、なんで伺わなかったんですか?(笑

この夏、若干人出が引いたところで、じっくり楽しみに行ってきたいと思います。

イイネ、いいねぇー

 チョイ鉄のオイラですので、原氏のことは今回知りました。
 2枚の招待状は誰と行く?  なんて野暮なことは聞きません。
 ひとりでジックリ2回楽しんで来て下さいな。
 レポートを楽しみに待ってます。

 オイラにもうれしいニュースが届きました。 (オイラブログ参照くだされー)

No title

原 鉄道模型博物館開館のニュースを見て、開館騒ぎが落ち着いたら見に行こうと考えています。僕も好きなんです。

たな○た?

I.Z.さん良かったですね。僕も以前の仕事の関係で原さんの事も存じあげており、コレクションの寄贈先が横浜になったと言うのも聞いていたのですがついにOPENするんですね。
僕は、非鉄ですが、仕事の関係でJAMにも行き、原さんにもお会いした事もあり、一度芦屋に見においでとお声かけもいただいたのですがいけないままでした。

見学後に是非リポートをUPして下さい。

( ̄∀ ̄)
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: