映画 『ロボット』

映画 『ロボット』さるところで「今年、何本映画館で映画を観ましたか?」と訊かれて、なんだか急に映画が観たくなりました。
そして選んだ作品がこれ、インド、タミル映画 『ロボット』

かつて大流行した映画 『ムトゥ 踊るマハラジャ』 から14年、あの“スーパースター”、ラジニ・カーント主演のSFエンターテインメント大作です。
…って、知っている人はそう聞くだけでなんだか笑顔になっちゃうでしょ?
そうなんです、この映画もまた最高に楽しい映画で、期待を裏切らない作品でした。

基本的なストーリーはいたって単純。
ロボット工学博士が高性能の二足歩行の人間型ロボットを生み出し、人間の感情までプログラミングしたところ、ロボットが博士の恋人を好きになってしまうという、“Boy meets girl”の典型。
“スーパースター”、ラジニ・カーントが工学博士バシーとロボットのチッティを二役、博士の恋人でヒロインのサナは、1994年のミス・ワールドでハリウッド作品にも出演している美女、アイシュワリヤー・ラーイが演じています。

タミル語映画のヒットメーカーの監督に、ハリウッドのVFXスタッフが協力したというアクションは、「ターミネーター」や「マトリックス」、「トランスフォーマー」をイメージさせる(悪くいえば“パクり”?)ダイナミックなシーンの連続でした。
いや、それだけでなく「アイアンマン」や「スパイダーマン」、「インディー・ジョーンズ」や「ミッション・インポッシブル」、「スター・ウォーズ」に「スピード」、「トゥルー・ライズ」に「スターシップ・トゥルーパーズ」、「TAXi」やジャッキー・チェンの映画など、世界中のたくさんの映画の楽しい要素をたっぷり盛り込んでなお、今まで観たことのない映画だと思わせるほどの作品、アクション超大作でした。

そうそう、インド映画ですからもちろん、突如挿入されるエキゾチックで華やかなダンスと歌のミュージカルの場面も大いに盛り込まれていますし、間抜けでドタバタな展開も期待以上のモノ。
ヒロインの登場シーンは甘い音楽に載せたスローモーション、“スーパースター”が見得を切った“ドヤ顔”のシーンではどこからかそよ風が吹いて髪がなびくなどといったおなじみのシーンも相変わらずで観客席に爆笑をもたらします。

一方で、そんな中にも自律型ロボットの基本的な課題であるロボット三原則をしっかり織り込んだりすることも忘れておらず、もともとスタンリー・キューブリックの企画でスティーヴン・スピルバーグによって映画化された「A.I.」なども頭をよぎる中、最後にはなんと観る者の心を揺さぶるという、ホントは実にしっかりと作り込まれた作品だったのでした。

2時間19分という長さの今現在上映中のものは、日本版として編集されたもの。
オリジナルの完全版は、さらに38分長い2時間57分。
暑いインドでは涼しい映画館で一日過ごすというのが一般的な余暇のようで、映画産業が最高のエンターテインメントビジネスなのだとか。
事情は大きく異なりますが、再び電力事情が厳しくなりそうな今夏の日本も、環境省が「エアコンを消して涼しいところに集まろう」と呼びかける“クールシェア”で映画館へ。
どうでしょうね? 映画の当日券が“クールシェア”目的でもっと割引されるのならば、ボクは率先して協賛したいと思うのですけどね。

ともあれ、6月1日からの2週間限定で、2時間57分の完全版が上映されるそうです。
60歳を超えたとは思えない“スーパースター”の活躍と絶世の美女の共演、想像を遥かに超えた映像の超娯楽大作で、たぶんそれほど長いとは感じない約3時間だろうと思います。

完全版も、見に行こうかなぁ…。


ラジニカーント 黄金像

映画館にはこんなものも置かれていましたよ。「ラジニカーント黄金像」!
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【映画 『ロボット』】

さるところで「今年、何本映画館で映画を観ましたか?」と訊かれて、なんだか急に映画が観たくなりました。そして選んだ作品がこれ、インド、タミル映画 『ロボット』。かつて大流行した映画 『ムトゥ 踊るマハラジャ』 から14年、あの“スーパースター”、ラジニ・カーン...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: テラゲン合格!さま

趣味というか、興味のベクトルがいろいろな方向に向いているというか…。
そんなところです。
いろいろなことに興味を持っておくこと、必要ですよ。

映画ですか、

いろいろな趣味があって、
いいですね!

Re: 焼酎学生さま

インドは相変わらずエネルギッシュでした。
今回の作品では、数学やハイテクのシーンも盛り込まれているのですが、そういったシーンもまた今どきのインドの得意分野なのだとふと思いましたね。

都心や横浜まで出かけなくとも、今話題のテラスモール湘南で上映中だそうですから、ぜひご覧いただきたいと思います。
こういう映画は大きなスクリーンで観てこそですから。

Re: kyさま

「ダークシャドウ」はけっこう酷評を受けているようですね。
ジョニー・デップ主演というだけでハードルが高くなりますから、新しいものに挑戦しつつこれまでの期待を裏切らないものを引き出すことがどんなにむずかしいことか…。
ちなみにボクの好きなジョニデの映画は、「エド・ウッド」と「シザーハンズ」です。

箱根の道は箱根新道に限らず気をつけてくださいね。
フィットだからブレーキが利かないのではなくて、もともとのスピードがちょっと出し過ぎなのかもしれませんよ。
クルマの性能を知る前に、自分の技量を考えて運転することをお薦めします。「こんな坂道、ムリっ!」と思ったら、スピードを抑えるか別のルートを考えるようになりますから。

No title

唯一見たことがある「踊るマハラジャ」で、インド映画のエネルギッシュな楽しさを味わいました。
「ロボット」はぜひとも見なくては!さて僕は本当に映画館へ足を運ぶだろうか。

ky

こんばんは~I.Z.さんヽ(^^)
よい映画しっかりチョイスされて観られてますね~さすが!!
凄く観てみたい気持ちになりました詳しい内容アリガトウゴザイマス!!
ジョニーデップのダークシャドウ、、やられたぁ~(>_<)失敗です。
最近の私は不幸続き…
今日は箱根のくらかけゴルフ場まで親友に頼まれ、車で送ったはよいけれど、箱根新道メチャクチャ怖かった、、死ぬかと思いましたョ帰りの下りのカーブとスピード、、しっかりエンジンブレーキしたものの車が安いフィットなもんで、、ぶ、ブレーキが…きいてない…(心臓飛び出る勢いの冷や汗)
何で親友の朝早くからのゴルフ合コン!?に車で送らなあかんの(泣)
親友いわくゴルフバックは宅急便で送ってあるから自分の身一つやねん、、自分男ならバイク飛ばして行きたいとこだけどって、、いるか~そんな奴!
あぁ‥高台からは芦ノ湖が見渡せるすごい景色のいいとこなのに‥タダの足に使われ悲惨な思いで帰ってきました~。今頃、合コンと酒ざんまいなんだろなぁ、、(ナンデヤネン)悲しい日々を生きてます。。
東京タワー好いですね~!!
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: