ワム80000引退

地味すぎて脇役とも意識させないものの本当は主役という存在が、来週静かに引退していこうとしています。
1960年から1981年までの間に26,605両が作られた、ワム80000

ワム80000


以前は明るい茶色(正式には「とび色2号」という色)でしたが、今見られるものはインクブルー(正式には「青15号」)。

ワム80000 ワム80000
ワム80000 ワム80000

一昨年の12月18日、静岡県富士市を走る岳南鉄道で動いている姿を見たのが、ボクにとっての生きた ワム80000 を見るのが最後になるのでしょう。
鉄道貨物の形態がコンテナに完全移行するのに合わせて、姿を消して行くことになりました。




鉄道ファンや鉄道の風景を眺める者にとっては、風景の一部みたいな存在だった ワム80000 ですが、貨物輸送の面では荷物を満載して機関車に何十両も牽かれて実際に荷物を運ぶ、“主役”でした。

凹型にプレスされた測引き戸に、意外と複雑なデザインで凸型にプレスされた妻面(連結面)。
見ていて飽きないデザインの質実剛健の車両が、ひっそりと線路上から来週、消えていきます。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: yuusuke320さま

ボクには双子の弟などいませんよ。
この動画を撮っている隣には、双子の弟などでなく、御大ご自身がいらっしゃいました。(笑

No title

 やっぱり、鉄チャンだ。
 しっかり、双子の弟?mumuizが動画を押さえているではないか。

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: