年越しそばで思ったこと

かなりざっくりとですが、日本を代表する麺類といえば「うどん」と「そば」のふたつが挙げられます。
そんな「うどん」と「そば」のつゆは、これまたかなりざっくり分けると「関東風」と「関西風」に大別できます。

関西風の うどん 関東風の そば

東京生まれ神奈川育ちのボクにとっては、うどんもそばもいわゆる関東風の、濃口醤油を使った濃いつゆで食べることに慣れていますが、関西の澄んだつゆで食べるうどんがおいしいことも知っています。
ただ、そのつゆでそばを食べるのには、ちょっと違和感がありました。
なんというか、メリハリがないというのか…。

そんなボクが、カミさんの実家(関西)で過ごしたこの年末年始、紅白歌合戦を見ている時にカミさんが出してくれた「年越しそば」には、違和感を感じずに美味しく食べました。

美味しく作ってくれていることももちろんあるのですが、ボクが固定観念を持ってしまっていて、いわゆる“食わず嫌い”だったということでもあるのでしょう。

麺類と餅が大好きです。
一年の最後を麺類で〆て、年明け最初の食事が餅の入った雑煮。
日本人で良かったなと思う、年末年始の食事です。
年越しそばをいただきながら、ふとそんなことを思った大晦日の晩でした。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: