スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追い抜きざまに見られる

後ろから走ってきたクルマに訳あってすぐには道を空けてあげることができなくて、煽られるような感じになってようやく道を空けてあげる-
そういう時って、追い抜くヤツ、必ずと言っていいほど、人の顔を見てから抜き去って行きませんか?

クルマはもちろんのこと、歩道を歩いている時でさえ、追い抜きざまに人の顔をじろっと見てから歩いて行く。
道を空けてもらったのだから、好きなスピードで一目散に吹っ飛んでいけばいいじゃないか。
…でも、じろっと見ていくんですよね。
冷たい目つきで、嘗めあげるように下から上にアゴをしゃくりあげるヤツもいたりして…。

昨日の帰り道、歩いているボクに向かって、後ろから自転車が2回ベルを鳴らしました。
歩道が狭い上に、路肩の商店の看板や段ボール箱があるので、すぐには道を空けてあげられないのだよ。
店の前を通り過ぎスペースが広くなったたところで、しびれを切らしたようにボクのすぐ脇をすり抜けて、さっと追い抜いていきました。
子供用のマウンテンバイクに乗った坊主頭の小学生でした。
…で、コイツも、追い抜きざまにじろっとボクの顔を見ていきました、いっちょまえに。

きっと親がやっているんでしょうね。
くだらないことからマネする…。
自転車は車道を走れなんて、小学生相手に言えないですよ、危なくて。

新聞記事



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ふた旅

 そうでしたね。山田富士へは春先?貴兄と初対面でしたね。
 イヤ、去年の12月でした。 岳南鉄道を聞きました。

 まぁ、もう少し耄碌エロG3にお付き合いくだされー


Re:yuusuke320さま

10月16日に行ったのは、残念ながら山田富士ではなく、池辺富士と川和富士でした。
ダイヤモンド富士ですか。好いですねぇ。
ぜひ一度、見てみたいと思いますが…。

Re:太巻きさま

日本の場合は、狭い空間にムリして自転車レーンを作る前に
サイクリストの意識づくりから入った方がいいのではと考えますね。
まずは、自転車に乗るときも“免許”。
自動車だって、免許を持っていてさえかなりひどい状況なのですから、まずは免許です。

ドイツは自転車で走ったら、さぞや風景が楽しめることでしょうね。
かつて一度だけ行ったことのあるドみイツは、シュトゥットガルトでもミュンヘンでも、ネッカー川に沿って皆さん、
サイクリングを楽しんでいらっしゃるようでした。

Re:まなみさま

コメント、ありがとうございました。
競争になること、ありますよね。
挙げ句の果てには、交差点や裏道なんかを使ってもまだ競争がつづいていたりして、
思いの外、デッドヒートに発展してしまうことも…(笑

走り去る自転車に声をかけるんですね。
たとえ正論だとしても、今どきそれをきっかけにモメたりすることもあるので
気をつけてくださいね。

追い越されざまに緊急報告。

 10月16日?に山田富士に行かれましたよね。
 なんと、1週間後の23日日曜夕方には、ダイアモンド富士が見れたようです。
  http://yamao.lolipop.jp/daiya/11/11-10.htm#1023
 どうでもいい緊急報告でした。

No title

ドイツのように、自転車レーンを作って欲しいですね。
私も日本に帰ると狭い歩道に自転車が
スピード出して走るので怖いです。
法があるなら、小学生といえども
法は守るべきですが、子供は自分の世界しか見えませんから。
車道を走るのは危ないと感じます。
ドイツで街中を自転車で走るのは大人だけ。
子供は、森を親と一緒に走ります。

No title

こんにちわ、たしかにありますよね。
あと歩いていると抜きつ抜かれつしてて
競歩みたいになるときもあります(笑)
走ったら負けみたいに。

自転車は車道ですよね。昔からそうだですよね。
守らない人多すぎです。後ろから歩道でチャリンって鳴らされたら
抜かれ際に「車道だよ」って言ってやることもあります
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。