ビナウォークで女子プロレス

かかし見物のあとは、厚木駅には戻らずに海老名駅前に出てみました。
駅の東側に広がる商業施設 「ビナウォーク」 へ。

海老名駅前 ビナウォーク

広場の中心部では何かのイベントがおこなわれているようで、かなりの人だかり。
お、女子プロレスですね。

LLPWLLPWという団体のようです。
のんびりとした商業スペースに、身体と身体がぶつかり合ったり、選手のあげる気合いのこもった声、選手がたたきつけられたり投げられたりするたびに派手に音を立てて揺れるリングの音が響いています。

LLPW LLPW

顔を白塗りにして場外でも暴れる悪役に、白いフリフリの正義役。
ヒール(悪玉)vs.ベビーフェイス(善玉)という対決の主旨がとてもわかりやすい対戦は、アイガー選手対中森華子戦。
ヒールのアイガー選手がなかなかのショーマンシップの持ち主で、見た目はイギリスのヘビメタミュージシャン、オジー・オズボーンみたいでしたが、場外の客席に分け入ったりして会場を盛り上げていました。
LLPW LLPW

レフェリーも巻き込んで反則を仕掛けるも、自爆。
ありがちな展開に会場から大きな拍手と笑いが。
でも、結局アイガー選手が勝っちゃいましたよ。(笑

続いて、メーンイベント(?)のタッグマッチ。

LLPW LLPW

あ、元参議院議員の神取 忍(かんどりしのぶ:右手リングの外から声をかけている選手)。
このヒト、ボクと同い年なんですよね。身体張ってがんばってるなぁ…。
今はこのLLPWという団体の社長。
こうして実物を見ると、やはりオーラみたいなものがありますね。
ベテランのシャープな動きの中にも、見る者を楽しませようとする気配りも大いに感じられます。

LLPW LLPW

攻撃する選手とその技を受ける選手との間にある、間を合わせる感じ。
この感覚の存在によって、ほとんどのプロレスは安全に興行が続けられているのでしょう。
しかし、その存在がきっとプロレスをスポーツと見なすかショーと見なすかの分かれ目になっていて、好き嫌いが分かれるところなのだと思います。

テレビでは見る機会もなさそうな女子プロレス。
(…もし放映されていても、毎週欠かさず見るようなことはないと思う)
こういった活動を通じて地道に観衆の心をつかんでいってほしいものだと思います。
初めて行ったビナウォークで、しばらくの時間、楽しませてもらいました。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: あかちんさま

コメントありがとうございます。
新宿フェイスで興行があったんですか?
すごいなぁ、フェイス。
よりいっそう迫力を感じそうですね。

ふだんは整形外科で働かれているとのこと、
やはりレスリングだけでは生計が成り立たないのでしょう。
でも、ケガの多い彼女たちにとっては、一石二鳥なのかもしれませんね。

No title

こんばんは。
新宿フェイスには良く女子プロ見に行きました。
迫力ありますよね。
彼女たちはある整形外科クリニックで普段は
働いていて患者さんにも人気でした。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: