スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『さや侍』

さや侍ふだんダウンタウンの出ている番組などどちらかというと観ない方ですし、たまに見てもあの笑いをこらえる企画や後輩に無理強いをしているようにしか見えない企画、シュールなネタにも、練られたという印象がボクにはほとんど感じられません。
“芸”としての面白みも見いだせていないのですが、なぜかこの映画だけは見てみたいと思って、今日仕事帰りに行ってきました。

思えば、北野武氏が映画監督として作品を発表して以来、“お笑い芸人”と呼ばれる人たちが、特に最近、映画を撮るようになってきています。
ボクは北野監督の作品でさえ一本も見たことがなく、もちろん他の芸人さんの作品も見たことはありません。
松本人志氏の過去の作品も見たことがないのに、なぜか急に見てみたくなったのでした。

そんな具合にして鑑賞したこの作品、ボクにとっての印象をひとことで言うならば、
“100分間のコント”。
コントとして成立する程度にしか登場人物のバックグラウンドの作り込みはしてないようですし、主人公がいるにもかかわらず常にコントのライブを見ているようなちょっと客観的なカメラの視点というのは、とことん説明をして観客にむりやり情報を与えようとする今どきの映画とはやや違った印象でした。
また、ムリしてきれいな映像を織り込まないようにできあがっているところも、これまたコントなんだなと思いました。

コントですからネタバレしないように、内容については一切書きません。
主人公の娘役の女の子だけが唯一、リアルな演技をしていたような気がした不思議な映画でした。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: yuusuke320さま

どうですか。
今日もガンバりました。

訂正です。

 昨日の「どうでもいいけどネ。」は「どうなるのでしょ」の書き間違いです。
 で、今日は「1週間の皆勤賞を目指してガンバりましょう」


最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。