最近、これ見なくなりましたね②…電車の床の点検口

神戸電鉄1300系の床面点検口神戸電鉄の1300系電車に乗った時に、久しぶりに見かけたもの。
それは、床に設けられた点検口。
最近の電車には、ないんですよね、このハッチが。

車内に床面に段差がなくなったのは、いいこと。
雨の日は、傘から垂れた水がこのハッチの縁にたまったりしていたのを思い出します。

そんな点検口。
久しぶりに見ると、ムリして開けた6つの穴に、床の強度を保ちつつ、床からその下が見られるようにする努力が感じられます。


今どきの電車は、どうしているのでしょう。
簡単に吊り上げているのか、それとも線路の間に掘られたピットに入って見上げているのか…。

台車の中心部を示す、ヘソもちょっと懐かしかったです。


《シリーズ》: 最近、これ見なくなりましたね…電車の窓のツマミ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: