神戸電鉄に乗る…その3

神戸市中心部の「湊川」駅を起点に六甲山の裏手の有馬温泉や三田(さんだ)、また兵庫県中南部の三木市や小野市を、総延長70km以上の路線で結んでいるのが、神戸電鉄です。



神戸電鉄 3000系電車 神戸電鉄 3000系電車

「粟生」駅から「鈴蘭台」駅までの戻りは、ちょっとセンスの良い3000系電車。
神戸電鉄初のアルミ製車体のこの電車は、そのカラーリングから「ウルトラマン電車」という愛称がつけられたのだとか。
確かに、ちょっとどこか“帰ってきたウルトラマン”っぽい。
昭和40年代の終わりに造られた電車ですが、シンプルながらモダンなデザインです。

神戸電鉄 三田線 神戸電鉄 三田線


「鈴蘭台」駅から、今度は「三田」駅方面に向かいます。
起点の「湊川」駅から「鈴蘭台」駅を通って、「有馬温泉」駅までの22.5kmが「有馬線」という名称で、神戸電鉄の本線ともいえる路線です。
先日紹介したちょっと嬉しい乗換駅「谷上」をはさんで「有馬口」駅までは、神戸市中心部の真裏にあたる地域で、線路はけっこうな山坂を上り下りはあるものの、複線区間で丘陵地に広がる住宅地の中を走ります。
しかし、ほとんどの列車は「有馬温泉」駅までは行かずに、ひとつ手前の「有馬口」駅から三田線に直通して、JR福知山線とのターミナル駅「三田」に向かいます。
「有馬口」駅と「有馬温泉」駅の間は、折り返し運転となっています。

神戸電鉄 「有馬口」駅 神戸電鉄 「有馬口」駅


そして、「有馬口」駅からは単線になり、北方向に進路を変えて標高500mほどの高丸山の山裾を回り込みます。
その後は、今度は大阪を中心とした半径50km圏内のベッドタウンに突入。
「三田」駅までは、新興住宅地も含む住宅地と畑作農地の混在する台地を走ります。

神戸電鉄 三田線 神戸電鉄 三田線
神戸電鉄 三田線 神戸電鉄 三田線


「三田」駅までもうあと2駅、2kmほどに迫ってきた頃、三田線の線路は左方向から迫ってくる線路と合流します。
改めて写真をよく見れば、むしろこの三田線の方がその線路に南側からすり寄っていくようなイメージで、「横山」駅に到着します。
この「横山」駅からは、三田市南西部と神戸市北区に広がる“神戸三田国際公園都市”という職住接近の都市開発が進むエリアに向けて、「ウッディタウン中央」駅まで「公園都市線」という5.5kmの路線が伸びています。

三田線と公園都市線との合流 「横山」駅へのアプローチ


「横山」駅から「三田」駅までの区間は、完全に「公園都市線」の一部というイメージで、ここから神戸(新開地)まで通うという利用者は、意外と少ないのかもしれません。
「新開地」駅から「三田」までは、30kmほどの間に利用者の流れが大きく変わるような気がしました。

神戸電鉄 三田線 神戸電鉄 「三田」駅


以上が今回の神戸電鉄の旅でしたが、「有馬口」駅と「有馬温泉」駅の間2.5kmと、公園都市線の5.5kmが未乗車区間として残ってしまいました。
それはまた、次回ということに致しましょう。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: まんがいんくさま

そうですよね、駅まで行くぐらいなら温泉にも入らなきゃ。

今度行く時は、温泉にもつかってみたいと思います。
電車で行って温泉。う~ん、いいなぁ i-186

No title

有馬温泉会館新しくなっているみたいですね。

今度向こうに行ったら行ってみよう。
弟ンチに泊まって

Re: まんがいんくさま

神戸電鉄沿線の雰囲気、なかなか好いですよね。
湯上がりで乗るのも悪くないです。
(まあ、ひと駅で下ろされてしまうのはなんとも…、ですが)

今度は、有馬温泉駅まで行ってみたいと思います。

No title

これ、ワタシには馴染みの風景なんです。

この沿線に住んでましたし、逆方向に通勤していたこともありましたし、週末には有馬温泉から火照った体でグッタリしながら乗っていたこと、すべてが懐かしいです。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: