『CP+』に行ってきました

CP+腰が痛くて歩くのもしんどいていうのに、どうしても行ってみたかったので、パシフィコ横浜まで出かけてきました。
カメラと写真映像の情報発信イベント
『CP+(シーピープラス)』

とりわけカメラに詳しいわけではなく、またブログでは毎回こんなに写真を掲載しているのですが、写真が趣味というわけではないのです。
いや、深すぎて、まだまだ足許にも及ぶことができていないというか…。


そんな状態ですが、今後いろいろ勉強してみようかなどと考えていて、そのきっかけでも見つけようかと行ってみたわけです。
ひとりんさんも薦めていたし、ということで。

CP+ Sonyブース CP+ Fuji filmブース


入場してまず大きなメーカーのブースをいくつか回っているうちに、ふと気づきました。
今使っているカメラから新しい機種に買い換える気はないので、各メーカーの新製品にはあまり興味はない、ということ。

時代は、スチル(つまり静止画)を撮るデジカメも 3D。
レンズがふたつある 3D専用カメラやレンズはひとつながら短時間の時差の中で若干水平移動させた別アングルの撮影もして合わせて 3Dに見せるような仕組みを持ったコンパクトデジカメなど、いやまあ、そこまで皆さん 3D を求めているのかと、疑問を感じてしまうぐらいでした。
そして各ブースには、その 3Dを体験させる装置ももちろん置かれています。
見れば確かに、中央にフォーカスしたモノは飛び出し、その背景にあるモノは奥にあって、さらにその向こうには壁や空があって、立体感はあります。
でもなんだか違和を感じてしまうんですよ。
立体がリアルに近づいているはずなのに、まだ窓から実際の風景を覗いているような気分にはなれないんですね。
手前にあるモノは立体というよりは何層かに分けた平面のように感じ、また背景は平面に見えると割り切ってしまったような処理がなされているような気がしてしまうのです。

実際に目で見ている風景は、必ずどこか一点に焦点が合っていて、その焦点を移動させることによって全体の風景も立体に感じるという仕組みなのだろうと思うのですが、一枚の写真を立体化してしまうと、中央の一点に焦点を合わせるべきものを、写真の隅から隅まで詳細に見てしまうために体内で帳尻が合わなくなってしまうのでしょう。
それが違和の根源だと思います。
この問題が何らかの形で解消しない限り、ボクの中ではまだ 3D は必要なさそうです。

そんなわけで、大手メーカーのブースは大同小異と考え、ひと通り通り抜けただけで見物は終了です。

実は、先月の中程に5年前の夏以来使用してきた Panasonic DMC-TZ1 からそのシリーズの最新機種 Panasonic DMC-TZ10 に買い換えたばかり。
ここのところの記事の画像は、TZ10で撮ったものです。
そんな事情も、もしかしたら新しい機種には特に興味が湧かない原因なのかもしれませんね。

CP+ A-POWERブースその一方で、楽しいと感じたのは“トイカメラ”。
特に最近流行の箱庭的写真が撮影できるデジカメ、NeinGrenze 5000T は面白そうですね。

このカメラに、写メ用のコンバージョンの魚眼レンズなんかをつけてみたいっ!

CP+ GEブース今どきあらゆる家電品を扱っているGE (ゼネラル・エレクトリック)の PJ1 もなかなか独創的。

CP+ GE PJ1体験ゾーン手のひらサイズのコンパクトデジカメに、70型相当にまで投影できるプロジェクター機能を持たせたもの。
「最初の製品化は他社だったのですが…」と係員の方がおっしゃっていましたが、その成否を問わずに必要だと感じたら有無をいわさず搭載してしまう勇気に拍手です。
精細なモノを映し出すというよりも、壁に気軽に照射してみんなで楽しむような使い方ができそうです。

CP+ SD Associationブースまた、SD Association のサイトでは、ふだんは他との違いなど気にして使っているわけではないコンパクトデジカメ用記録メディア“SD”カードについて、いろいろ勉強することができました。
コンパクトフラッシュより小さくて便利だと思っていたけれど、今はまだ処理速度が追いついていないのね、などなど…。
こういった勉強ができるのも、展示会を訪問するメリットです。
家電量販店ではなかなか訊けないし、ネットで検索するにもまずそんな疑問すらふだん持っていないわけですし。

ゆっくり回って2時間、そろそろ腰も悲鳴を上げそうだったので、帰ることにしましたが、腰さえ許してくれれば、もう少し見ていたい展示会でした。

CP+ Panasonicブース CP+ Panasonicブース DMC-TZ20

あ、そうそう、Panasonic のブースに、先月買ったばかりの TZ10 の後継機種がもう姿を現していましたよ。…わぉ!?
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: kamezoさま

3Dというのは、両目の間隔差と焦点距離で生じる単焦点ゆえの現象ですから、それをパンフォーカスの写真に反映させようというのはムリがあるというものです。
「アバター」のようにしっかりと考えられて作られた作品ならまだしも、お気軽立体はどうも…。

CP+、なかなか面白かったですよ。
来年はぜひ。

3Dになったら

それは、写真っぽくないですよね。
だから僕も3Dカメラは要らないです。あと、3Dテレビも。

もともと平面だった画像や映像を、そこまでして?
バーチャルな立体にしなくても良いような気がしています。
立体感を表現するのは、今までのカメラでも出来ると思いますし。。。

コンパクトなデジカメって、3ヶ月くらいで新機種が登場しますよね。
でも、数年前に買ったカメラのほうが、綺麗に写っていたような・・・
新機種は機能が多くなっているのに、値段は安くなっているので、
やはり、その辺が影響しているのかなあ・・・残念な流れだなあ。

次回は僕も行ってみたいです。CP+。
最新記事
最新コメント
プロフィール

I.Z.

Author:I.Z.
I.Z.と書いてイーズィーと読みます。
こまめというわけにはいきませんが、ちょっとしたことを書き記してみます。

最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ClockLink

サイトの訪問者数:
現在の閲覧者数: